« 夏休み最後のマリンで感じたこと。 | トップページ | 今夜のヴォルティスはロッテより男前? »

2007年9月 3日 (月)

ちょっとした労で札幌戦は美味になる..かも

あと少しで勝利できたのに...という悔いは残る。だが、確実に夜明けが近づいていることも感じる試合だった。
 
得点シーン。
熊林がキープしてヒールで左サイドのスペースに進入した片岡へ。片岡はストッパーの間の絶妙な位置へクロスを入れる。そこへ長谷川がスルリと入ってシンプルに合わせる。
理想的なフィニッシュだった。
今まではこういう形がなかった。どこか強引で無理があったり、プレッシャーなのかキックが強すぎたりして精度を欠いたり。
でもこのときはクロスを入れた片岡も落ち着いていた。
この試合も成果が少なかったことを考えると憂鬱になるかもしれないが、今まではこういう形でフィニッシュにいけなかったのだからこの得点は意味が大きい。
できればダービーでこの形で決めたかったが、首位札幌相手に決められれば、同じくらい、いやもしかしたらそれ以上にインパクトがあるんじゃないだろうか?
過度の期待はしていないが、今の流れを信じてみたい気もする。
 
ただ、失点のシーンも含め、受け身の守備になっているのは気になる。
もっと早く寄せて厳しくチェックしてほしい。寄せがまだまだ甘い。
迂闊に寄せて抜かれるのが怖いのはわかるが、ちょっと引き過ぎ、待ち過ぎになっている。
これだと相手に簡単に前を向かれちゃうし、それをパウリーニョみたいな選手にさせては前を塞ぐくらいじゃ失点は避けられない。
京都戦も正直やられたと思ったシーンがかなりあった。このパターンが多かった。
愛媛戦の失点シーンもそう。だからもっといって。
  
Rvsfm_004 実は昨日、国立にレイソル対マリノスを観に行っていた。つまり京都戦は帰宅してのビデオ観戦なのだが、国立の試合で興味深いことを感じたのでひとこと書きたい。
試合はご存知のとおり試合開始直後のマリノス中澤のオウンゴールでレイソルがリード。
結局、そのまま最後までレイソルが守りきって勝利という試合だった。Rvsfm_008
 
スミイチしかもオウンゴール。シュート数はレイソル7、マリノス8。
スタッツだけ見てるとつまんない消耗戦にも思える。
だが、中身はスピーディで個の力が組織的にも機能しているマリノスと、早く厳しい寄せも、引いたときの堅い守備も出来て、攻撃時には走る労も惜しまないという組織力というより集団力、それに優雅な技(フランサ)でアクセントを付けるレイソルとのハイレベルでハイペースな攻防戦だった。
特に”今一番Jリーグで強い”と柏の選手・監督が言っていたマリノスのサッカーは、そういわれるだけのことはあるなと思われる内容だった。Rvsfm_012
常に狙っているという獰猛な意欲と動きがほぼ試合最後まで持続するのだから観ている側も気が抜けない。
Rvsfm_013 だがレイソルも最後までこれに応戦。気の抜けない試合は実質ドローだったが、サッカーの神様の悪戯で勝ち負けがついてしまった。
 
この試合を観た後に家で京都戦を観ると、京都なんてたいしたことないなと思える。だって京都の選手、走ってないもん。
徳島の選手がもう少し労をして走ってくれれば、十分やれるなと。
柏の選手には試合終盤に足がつる選手が出た。そいうや、徳島の選手で試合中足がつった選手って記憶にないなぁと。
札幌戦は足がつるくらい走ってみてよ、試しに。
案外、近いところに出口があるかもよ。
 
できれば水曜は生で観たいのだが、夕方から打ち合わせがあるんだよなぁ。なるべく早く帰ろっと。
また奥さんにサッカーだと帰り早いとか言われちゃうよ。それに奥さんの千葉ロッテ熱が最近凄いんで、スカパー争奪になりかかってんだよねぇ。
徳島そろそろ勝ってよ。スカパーが千葉ロッテ優先になりそうだから。

|

« 夏休み最後のマリンで感じたこと。 | トップページ | 今夜のヴォルティスはロッテより男前? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休み最後のマリンで感じたこと。 | トップページ | 今夜のヴォルティスはロッテより男前? »