« 決意して動き出して一年.. | トップページ | いい勉強 »

2007年9月24日 (月)

次の壁に挑もう。

Anivday_041 1年に1回の我が家の大事なイベントが終わりました。
サッカーとは直接関係無いので後で旅行記(かなり近場だが)として書くとします。
 
さて、本来は山形戦のレポを書くのは月曜の昼以降にする予定だったのだが、ちょっとだけ旅行の予定が変わったので後半だけ生で観ることができた。
よって後半を観ての感想を書こうと思う。
ちなみに以下に書く感想は前半を全く考慮していない。理由は観ていないからである。
土曜日出かける前にセットしたビデオの設定を間違えたために前半が録画できていなかったのである。
旅行の予定が変わらなければ今の時点で試合を結果しか知らない状況になっていたはずで幸か不幸かはなんともいえない。
でも試合(後半だが)についてはハッキリいえる。
もったいない試合だった。
 
もったいないというのは勝てたかという話とはちょっと違う。
ここ5試合2勝3分けといい結果が出せていた中で、それでも5試合以前と内容はあまり変わっていないと私は書いたが、好結果の理由がそのもの”変わっていないこと”でもあった。
だが、今日の試合は変わらないから負けたという感じだった。
試合に臨むプランはそのままでいいと思うが、今日みたいにリードされた展開の中でもスクランブル的な総攻撃が、プランとしてではなく気持ちとして見えないまま終わってしまったことが残念である。
つまり、リードされてるのに追いつこうとする必死さや、「俺一人でやってやる」みたいなギラギラした闘争心やエゴイスティックさが誰からも感じられず、ここ5試合の戦い方から誰も抜け出せなかったという感じに見えたんですね。
 
ここまでいい流れで来れてたんで選手もいいメンタルで山形戦に臨めてるはずなんだけどなあ。
だからもう少しリスクを冒して次の壁に挑もうとする姿勢見たかったなあと思う。
選手は挑んでいるのかもしれませんよ。でもね...。
いい流れで来れたのに、そこからステップアップするためのチャレンジが不十分なまま流れを止めてしまったことはもったいないですね。大島や石田が愛媛戦で見せた姿勢を思い出してほしいです。あれが今の結果のきっかけになっていると思うんですよね。
また仕切りなおしです。次の鳥栖戦は重要ですよ。小林も出場停止ですしね。でも悲観していません。
 
Endofearth_015_2 実は先ほどまで日立台で地球滅亡の瞬間を観にいっていた。
かめはめ波が炸裂して、めでたく(?)地球は滅亡(ゴール裏には地球はコスモクリーナーで救われたとか書いてあったが)。
柏レイソルは目標を達成した。
この日はACLのためにかなりメンバーを落とした川崎Fが相手だった。イ・チュンソンが「ガッカリした」とコメントしたのが印象的だったが、肝心の試合は内容、結果ともに完勝(4-0)だった。
試合を観て改めて思ったのは柏レイソルって面白いサッカーするだけじゃなく本当に強いと思った。Endofearth_011
その源は皆がサボらないことなのではと思う。
前半、柏は山根巌が鬼神のごとく川崎F攻撃陣と競り合いことごとくボールを奪い続けていた。
しかし、そんな山根が前半終了間際に太ももを痛めハーフで交代。そして永井俊太が入った。
前半の山根の存在感が大きかっただけに大丈夫かと思われたが、交代した永井も山根と同じことをしようとするのではなく、やれる守備を精一杯やり、山根より優れた面の攻撃の組み立てで貢献した。
この日、スタジアムで配られていたトレカは永井で「ああ、いいや」と入場時受け取らなかったのだが、試合後申し訳なく思い貰って帰った。
どこからボールが来てもどこの角度へもパスを出すマジカル・フランサも凄いが、それを信じて全力で走り、その前段階でもボール奪取に手を抜かない周囲の選手も凄いと感じた。
Endofearth_009 柏はスター選手はあまりいない。A代表もゼロだ。フランサはJで屈指のタレントだが、それ以外は若手や地味なベテランで固められている。
そんな選手達が昇格したばかりのチームをここまで躍進させているのはサボらないからなんだろう。北嶋などは試合残り10分くらいで出てくると全力で前線をプレスに走り、身体を投げ出してヘッドでゴールを狙うなどまるでサモラノのようだった。
私がこんなことを言うとハイハイと思う人はいると思うが、柏の姿勢ってヴォルティスのいいお手本のような気がするんですけどね。
 
さて川崎Fだが、ACLを睨んでジュニーニョ、憲剛、マギヌンらを外したのはわかるが、控えがこんな試合をしていちゃダメでしょ。
いくらなんでも4失点で無得点はねえ。ここでアピールしようよ。
水曜に試合出ないはずの選手に水曜頑張れって拍手するのもねえ。今も大事に考えた方が...。

|

« 決意して動き出して一年.. | トップページ | いい勉強 »

コメント

いや、ハイハイとは思いませんでしたよ。
山形戦は、徳島の選手はみんながサボらないサッカーをしていたとは、思えませんでした。なんか、ポテンシャルを自ら出してないって言う感じがしました。
柏の姿勢、これからの徳島にも欲しいです。

投稿: かとやん | 2007年9月24日 (月) 12時13分

かとやん。コメントありがとうございます。
日立台で気になったのは、攻撃時にサイドバックが追い抜いていったり、クロスを入れるときにサッとボックスに4人入ったりするシーンでした。
戻るときに前がプレスを掛けて戻りをフォローしたり。
こういうことってそんな難しくないんですよ。ムダに終わることも多いですけどね。
ヴォルティスは球離れが遅くてカットされることが目立つんですけど、それは前線に出しどころの選択肢が少ないからで、こういうところに”ちょっと労”をするだけで違うと思うんです。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年9月24日 (月) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決意して動き出して一年.. | トップページ | いい勉強 »