« 初めての父兄参観 | トップページ | 不惑のウルトラマンごっこ »

2007年10月30日 (火)

屈辱を受け止めるだけでは終われない

いくつ連敗しようが、連続無得点記録を更新しようが、そんなの関係無ェー!
 
なんて訳にはいかないが、事実は受け止めないとね。
内容はよかったんだろうけど、他のチームには最低レベルのことが何とかできてるに過ぎないってことなんだろう。
点が取れなきゃ意味ないもんね。
このレベルで自分達を慰めなきゃならないのをミジメだが受け止めなきゃならない。
 
セレッソとはだいぶ立場が違うように見えて、必死にならなきゃいけない、これ以上負けられないという事情は同じ。
(同じだよねぇ?違うんだったら負けるの当たり前なんだけど。)
よく守ってたんだけど、セレッソの勝利、昇格への執念にこらえ切れなかった。
そんなふうに見えた。
 
今井さんが言う通り、選手の成長待ちであることはわかる。
以前の連敗時と今が違うこともね。
だが、残り3試合で言う言葉でもない気もするのも正直なところ。
このまま納得したくない。屈辱を受け止めるだけで終わらせたくない。
 
とにかく次。
次の試合で勝とう。

|

« 初めての父兄参観 | トップページ | 不惑のウルトラマンごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての父兄参観 | トップページ | 不惑のウルトラマンごっこ »