« 久々のメタルフェス(その5) | トップページ | かませ犬では終われない »

2007年10月23日 (火)

残された時間ですべきこと

率直に言って、京都との差は大きかった。
色々な意味でスピードが違いすぎていて、2失点で終わったのは幸運だったと思うほどだった。
 
「中でのマーク」「ファウルがもったいない」(鈴木)
「シュートが少ない」「ゴール前で不用意なファウル」(丹羽)
「テンポをあげていかないと」(熊林)
全部その通りである。
ゴール前のファウルは、もっとはっきり前から止めに行けばいいのに、受け過ぎて下がってしまいギリギリの位置で止めに行くからファウルになるし、そこでも曖昧に対応するとシュートを打たれる(鈴木が止めなかったら6失点くらいしていただろう。)。
人の動きについて行けず簡単に突破される。フリーにする。
 
でも、これだけ粗が目立っても戦う姿勢は感じられた。
2失点で抑えた。
シュートは6本だったが、攻撃は悪くなかった。
今やれることがやれていたと思う。見ていてガックリするシーンは少なかった。
 
では、次の試合で、または残りの試合で何をすべきか?何を目指すのか?
今シーズン残された時間は少ない。
次また水戸戦みたいな試合は間違ってもしてほしくない。
正直残り試合1勝もできなさそうな気が強くする。本当だ。
その中でも残りの時間で何か見せてほしい。
それが意地なのか、今期成長した部分の証なのか?なんでもいい。
京都戦で俺たちだけが歯がゆいのではないことはわかった。
だから、なおさら見せてほしい。
君たちが何者なのかを少しでも。

|

« 久々のメタルフェス(その5) | トップページ | かませ犬では終われない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のメタルフェス(その5) | トップページ | かませ犬では終われない »