« 残された時間ですべきこと | トップページ | 初めての父兄参観 »

2007年10月24日 (水)

かませ犬では終われない

終わった瞬間、ムカッときた。
もったいない試合だった。
いや、勝てたかという意味ではない。あれだけシュートが枠にいかないんだから勝てるとはいえない。
もったいないのはつまんないボールの失い方が多すぎた。
特にアンドレ。失った回数ではなく、ここからって場面で簡単にボールを失うシーンが多すぎてチームのリズムを壊してしまっていた。
 
失点シーンも悔しい形だった。
イカタコ、じゃないイタカレに突破されたシーンではボールを持たれながら、西河はいなされてしまった。
最後はシャツまで引っ張られ、バランスを崩された上にシュートまで持っていかれた。
 
札幌らしい試合をされて勝たれてしまったのがすごく悔しい。そういう勝たせ方をさせてしまったことも。
接戦のように見えたが、札幌にこれ以上は入れさせないという壁を敷かれ、その壁にしっかり立ち塞がれたまま終わってしまった。
まさに札幌劇場だった。
今になって、去年の第4クールの三ツ沢での横浜FC戦を思い出した。
あの時も中盤を支配していたのに、結局ゴール前の壁には最後まで何もできなかった。
 
小さなミスも確かに多かった。判断が遅れるシーンもあった。
でも恥ずかしい戦い方ではなかった。
だからこそ引き立て役にされたことがとても悔しい。
 
このままでは終われないよね。俺たちはかませ犬じゃない。
次だよ、次。
次もダメでも、その次。
残りシーズンこれしかない。

|

« 残された時間ですべきこと | トップページ | 初めての父兄参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残された時間ですべきこと | トップページ | 初めての父兄参観 »