« 4歳の誕生日のお祝い | トップページ | オシム監督、ガンバレ »

2007年11月13日 (火)

繰り返される”愚”

今季のセリエAについてあまり記事にしていなかった。
理由は冷静に見ても他と戦力差が歴然の愛するインテルが、予定通り首位を走っているので、ある意味面白くなかったこともある。
ユーベ戦にしたって直前まで日程を忘れていたくらいで、昨季と比較すると私のテンションは異常に低かったのだ。
試合より今年のレプリカシャツ(100周年記念モデル)をどうやって入手するか?誰のネームにするか?の方に向いていたのだ。
そんな私に、サッカーの神様が冷や水を浴びせたわけではなかろうが、昨季の忌まわしい”愚”がまた繰り返されてしまった。
 
詳細はニュース記事を読んでいただきたいのだが、簡単に言うとそれぞれのアウェイゲームに向かう途中、高速道路のパーキングてかち合ったユベントスとラツィオのサポーター同士が乱闘になり、それを収めようとした警官の発砲した銃弾が、ラツィオサポーター一人を射殺してしまったということだ。
詳しく記事には書かれていないが、ラツィオサポーターの攻撃のターゲットが、ユーベサポーターから止めに入った警官に変わり、それで警官が身の危険に晒されて発砲に及んだのだろうと思う。
さらに”愚”なのは、当事者でないアタランタサポーターがこの事件に反応してホームスタジアムで騒動を起こし、試合を中止させてしまうという行為に及んだことだ。
この事件の影響でインテル対ラツィオ(当事者)、ローマ対カリアリ(同じホームタウン)、そして前述のアタランタ対ACミランが延期または中止になった。
 
昨年もカターニャの暴動でイタリアサッカー界は病巣と向かい合うことを求められたばかりのはず。
でも騒動の当事者となる肝心のサポーターは相変わらず一番当事者意識が低いようだ。
これは過去や周囲から学ばない、学べないというより、暴力も含めた歪んだマッチョイズムなくしては自分達のアイデンティティを自分達自身のなかで保てないというような病気なのだろう。
相手が自分達に敵意があるかないかは関係なく、攻撃対象となる敵、攻撃する自分、そしてそのことによって周囲に存在を示威することなくして自分の存在を保てない。
もはや呆れるとゆうより、かわいそうな気さえしてくる。
 
イタリアサッカー界では他にもサポーターにかかわる出来事でいくつか”愚”がおきている。
ACミランのウルトラスが、自分達に利益供与(タダ券等)をしないミランフロントに抗議して開幕から応援をボイコット。
応援しようとする者を暴力で止めてボイコットをムリヤリ継続するなど、”愚”以外のなにものでもない行為が行われていた。
もちろん、これはウルトラスだけが悪いわけではなく、利益供与を永年行い続け、増長させたミランフロントにも責任はある。
インテルサポーターはナポリの街を侮辱する横断幕を掲げた。
それに、今季も繰り返されるであろう人種差別。
 
やはり愚かなイタリア人サポーターから学ぶものはない。

|

« 4歳の誕生日のお祝い | トップページ | オシム監督、ガンバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4歳の誕生日のお祝い | トップページ | オシム監督、ガンバレ »