« 今週はサッカーが騒々しい | トップページ | ウルトラマン大博覧会 »

2007年12月13日 (木)

勝利から得るものの大きさ

今日(とゆうか、もう昨日だが)は久々に帰宅が11時過ぎになった。
今週は月曜、火曜は研修でいつもの事務所にはおらず、明日(木曜)は年休なので水曜と金曜しか出勤しないのです。
だもんで、やることがすし詰め状態なうえに、飛び込みの仕事はくるわですっかりテンパルンな水曜でした。
それでも明日は楽しみな試合ですから、苦ではありません。
 
さて、クラブワールドカップですが、ボカがどうにかこうにか決勝に進みました。
2000年にボカが南米代表としてトヨタカップに来た時は信じられないくらいのボケンセが日本に来たのが今でも語り草になってますが、今回はそれに比べるとなんとも控え目ですな。
でもあのときのボケンセが日本のサッカーファン、それもライトファン以上にコアなファンに与えた影響は大きかった。
2000年のトヨタカップ以降、いくつかのJチームのゴール裏はあきらかに影響を受けていました。
そして今回は浦和のサポーターが世界に自分達を示せるかというのも注目するところです。
ガゼッタの記者なんかは明らかに浦和に興味なしである。
自国のサッカー事情が内外汚れまみれなのを棚に上げ、サッカー先進国の記者を鼻にかけているおバカさんに一発かましてやれるチャンスである。
 
で、ミランといえばインテル。
今年のインテルは去年と数字上は似たような強さを示してはいるが実態はワンランク上の強さであることに最近気付いた。
ちょっと前まで、戦術が明確でなくて個人に頼った強さだと、インテリスタである私でさえ思っていた。
が、ここ数試合でフィオレンティーナ、ラツイオ、トリノと完封かつマルチスコアでの連勝する連戦を見て気付いたことがある。
 
チーム全体が山のようにどっしりとしたメンタルを保っていて、慌てる場面が見られない。
数年前までのインテルは今と同じように優れた個の集団でありながら、試合の入り方にちょっと躓くと、脆く崩れて試合を落とすことがしょっちゅうあった。
すぐイライラが面にでてくる悪い癖があったのだが、今のインテルはメンタルが揺らいでいない。
元々個の力が優れているのだから、メンタルが強ければ個の力は存分に発揮できるはずである。
そうなれば経験も豊かな選手も多いわけだから、試合のときに細かい指示は要らない。
普段の練習でゲームシュミレーションをこなし、相互理解度を高めれば、あとは本番は選手におまかせでも十分である。
特に事前にコンタクトを交わさなくても、ここにボールを出せば走ってくれるだろうという感覚と、ここにパス出すだろうから走ればいいやという感覚で十分チャンスを作れる。
インプロビゼージョン(即興)サッカーといえばいいのだろうか。
逆に対戦相手にとっては、こんなサッカーはやっかいこのうえないだろう。
何せ定型がないのだから。
 
でも、このような今のインテルを築けた元は何か?
それはいうまでもなく、勝利を知ったことにある。
10年以上スクデッドに見放され、迷走し続けたインテルだが、ようやく掴んだスクデットはユベントスとミランのペナルティにより転がり込んだ勝利でさえチームを変えたし、正真正銘の勝利である昨季のスクデッドは本当にチームを強くした。
勝利というものから得られるものを改めて認識させられた。
ラツイオ戦やトリノ戦を観てるいたら「スゴイなあ」と思わず感心してしまった。こんなことは初めてだった。
 
明日、浦和は当然勝利を目指す。でもミランも今季の低迷するチームに強さを取り戻すためにこのタイトルに掛けている。
それは勝利することで得られる大きな武器を永らく勝利者だったミランは知っているからである。
ならば日本の代表として浦和レッズにはその武器を分捕ってもらいたい。
 
で、ヴォルティスである。
なんでも石川まで出て行くことが濃厚になっている。
これで今季試合に出ていたディフェンダーは、とゆうよりディフェンダー登録されていた選手ほぼ全とっかえとなることが濃厚だ。
西河にしろ、丹羽にしろレンタル契約であり、そのような選手にチームの将来を期待するのはリスクがでかすぎる。
今井監督を解任したことも含め、今季の成果はごみ箱へ捨てるつもりといっていいと思う。
徳島ヴォルティスは残念ながら勝利を知って強くなる遥か手前にいる有様だ。
こんなお先真っ暗にオフは経験ない。
15年、この世界にいてまだ経験したことがないことがあったのだから(皮肉を込めて)驚きだ。
フロントは何をしたいんだろうね。明確に示して欲しいよ。
シーズンが終わってからの方が怒りが増してくる。

|

« 今週はサッカーが騒々しい | トップページ | ウルトラマン大博覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/17353846

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利から得るものの大きさ:

« 今週はサッカーが騒々しい | トップページ | ウルトラマン大博覧会 »