« 徳島ヴォルティス、始動目前の補強は.. | トップページ | 蹴春を感じる週 »

2008年1月12日 (土)

金子氏に物申す!

今朝、ネットをつらつら見ているとき興味深いニュースを見つけた。
『「浦和レッズサポーター」の応援 有名スポーツライターが酷評』Livedoorスポーツより
内容は大まかにはこうだ。
スポーツライター・二宮清純氏のホームページで1月10日『浦和は善戦だったか?』という題でサッカー記事や出版で有名なライター・金子達仁氏との対談が掲載された。
記事は3回連載の第1回である。
この対談で金子氏が昨年12月13日に行われたFCWCでの浦和レッズ対ACミラン戦での浦和レッズサポーターの応援をこう評しているのが物議となっているということだった。
 
以下はその対談での金子氏の発言をあえて参照させてもらう。
”浦和サポーターは試合の空気、流れを読めていない。負けていて、残り時間がない状況でも失点前と同じ歌を歌い続け、タイムアップの時も同じ歌を歌っている。こんなスタジアムでは日本のクラブは勝てないと思った。欧州のスタンダードにはほど遠い。”
”今、チームは何をすべきなのか。サポーターはそれが全くわかっていないのかと思う。チームを応援するのではなく、応援歌を歌うのが目的になっている。”
”自分の愛するクラブが目の前に木っ端微塵に打ち砕かれていているのに、僕なら歌えない。言葉を失ってしまう。でも、テレビゲームのようにバーチャルに感じているから、負けても痛くもかゆくもないだ。”
”ファッションなんですよ。血じゃない。簡単で、お手軽にすませている。”
 
結論からいうと、金子氏はサッカーをスポーツとしては知っているのだろうが、文化とか人の生き方としては知っていないのに偉そうに喋って失敗したなと思う。
 
私は金子氏の本は何冊も持っている。よく踏み込んだ内容の本も多く、正直言えば彼のファンだ。
だが、この発言ついては、ファンであることを自認した上で失望した。

>サポーターの歌が試合の流れ・空気に沿ってなければならないか?
そうは思わない。共に戦っているという気持ちを伝えるのが応援の目的でもあると思うし、目まぐるしく展開の変わるサッカーの試合で場面場面で歌を変えるのは実際不可能に近い。
気持ちを伝えるのにどう歌を使うかはそれぞれのゴール裏(リーダー)によって違うと思うし、統一した定義など決められるものではない。
どう歌おうと気持ちが選手に伝わらなければ無意味なわけで、歌を使い分けるのが正しいわけではない。
 
そもそも試合の空気・流れをどう読むかは、人それぞれであるし、次の瞬間には展開が変わるのだから、各人の中での試合の流れはさらに異なっていく。
そもそも試合評でも各メディアで評が分かれるのに、どれが正しい試合の流れだというのだ。
試合をしている選手間でも試合をどう感じるかは分かれている。
金子氏の書いた本でも、アトランタオリンピックのナイジェリア戦で中田ヒデと他の選手、西野監督の試合の感想が違っていたではないか。
なら、金子氏が試合会場で試合の流れをリアルに読んで、歌を指示してくれるのか?
そのときにゴール裏全員に流れを瞬時に説明して理解させられるのか?
ゴール裏でリードしたことがないだろうにできるはずがない。
 
>欧州のスタンダードからほど遠い。
そもそも欧州のスタンダードというがいつの時代の欧州を言っているのだ。
イタリアのゴール裏は暴力と麻薬ビジネスの巣になっている。彼らは試合で歌もうたうが、スタジアムに集まるのはそういった闇の利益のためになっているではないか。
スペインもサポーター団体は規模が縮小されている。派手なコレオは影を潜めているし、クラシコなどお金持ちと観光客しかおらず、ホームの雰囲気でホームチームは戦えなくなってきている。
イングランドのプレミアはゴール裏そのものがない。歌は流れて雰囲気はいいかもしれないが、そもそものイングランドのゴール裏がどうであったか?
今のプレミアのスタジアムで誰がどうやって試合の流れを読んで指示を出しているのだ。そういう指揮系統自体あるのか?教えてくれ。
そしてイングランド1部リーグが今どうなっているか知っているのか?
 
何が欧州のスタンダードなのだ。大雑把過ぎてわからん。
歌や応援スタイルにインスパイアされていることは認めるが、何も考えずに今を経ているわけではない。
我々は日本の各ゴール裏ごとのスタンダードを模索してこれまでも考え行動し、これからも考え行動する。
欧州のスタンダードなどどうでもいい。
 
>自分の愛するクラブが目の前に木っ端微塵に打ち砕かれていているのに、僕なら歌えない。
現実歌えなくなる人もいる。だがゴール裏中心はそういう状況でも歌い戦う役目を負ったところだ。応援を止めれば「一緒に戦わねぇのか」と言われる。
それを知っているか?
金子氏はゴール裏にいた経験がほとんどないだろうから知らないのだろう。
戦うことを、歌うことを選ぶ。それがゴール裏。
 
>ファッションなんですよ。血じゃない。
ならどうやれば、いつから血になるのだ。適当なことをかっこつけて言うな。
阪神タイガースのファンなのであろう。ならいつからトラの血が流れるようになったのだ。
甲子園球場にあまり行っていなくて、血は薄くならないのか?
 
黙っていられない。他にも言いたいことはあるが記事が長くなり過ぎるのでこの記事ではこの程度にしておく。
そもそも、サポーターが非難されるべきことなのか、何が失態なのか。
サポーターとはどの範囲までも語っているのか。一緒に歌うメインやバックの子供にも失望しているのか?
はっきり語れ!物書きで食っているのだろう。

|

« 徳島ヴォルティス、始動目前の補強は.. | トップページ | 蹴春を感じる週 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島ヴォルティス、始動目前の補強は.. | トップページ | 蹴春を感じる週 »