« いよいよ正月が来る。 | トップページ | ひさびさ、神様と私 ~練習試合で想像ごっこ~ »

2008年1月28日 (月)

イチゴとSLと花。勝浦なら春が見れます。

この週末は家族と母親とともに千葉県の房総半島へ旅行に行ってきました。
このあいだ、館山道が全線開通したため、千葉市街からは1時間ほどで館山まで行けるほど身近な場所になっています。Bousou_006
この時期はまだ寒いですが、食べる、泊まるいづれもいいところです。
今回泊まった場所は勤務先の保養所。勝浦市内の別荘地の中にあります。
広々とした庭のほか、窓から海も見える絶好のロケーションにあり、これまでも何度か泊まっています。
ここで以前にも記事にしたことがあったと思います。
これまでは家族だけで来ることが多かったのですが、初めて私の母親を連れてきました。
いつかはつれてきたいと思っていたのです。
 
今回の旅行でどこへ行こうかと数日前から奥さんと話し合っていたのですが、苺狩りと花摘みはどうかとの話になり、それでいくことにしました。
さて、高齢の母親でもあるので前日から私たち家族が実家に泊まり、楽に出発できるようにしました。
館山道が開通したので実家からでさえ、2時間ちょっとで館山まで着くのです。
 
まずは以前にも書いたことがある保田漁港の「ばんや」で昼食をとりました。Bousou_003
漁協直営の海鮮食堂で、この日もちょうど昼時であることもあって超満員。
30組ほど待たされましたが、30分ほどで席につけました。
3分の1ほどのメニューは売り切れていましたが、朝どれ寿司(その日朝Bousou_004 に漁港に入ったネタで見繕った寿司、日どころか時間帯によって中味は変わる。)と、さんが焼き、きんめの煮付け等を注文。
見た目は少し雑な料理にも見えますがおいしかったです。
 
ばんやを出た後は再度館山道に戻り館山へ。
まずは館山で苺狩りです。
娘も喜ぶだろうと思っていたのですが、娘はちょうど眠い時間帯になり機嫌が悪くなったこと、お気に入りのぐりとぐらのカルタで早くあそびたかったらしく、ホテルへ行きたいとすねはじめました。
「イチゴ、おいしいよぉ。」「ヤダー!」てな会話をしつつ苺狩り園へ。ここも館山の農協がやっているところでした。
農協の車に先導されて、苺狩りのビニールハウスへ移動するとちょうどJR線の踏み切りを通りました。
そこには多くの人がカメラを構えて集まっていました。
実は25日から27日までの3日間、勝浦から館山間をSL、つまり蒸気機関車のD51型(いわゆるデゴイチ)が特別に走るのでした。
ニュースで知っていた私はもしかしたら走るSLが生で観られるかもと期待していたのです。
 
その踏み切りを通るのはまだ2時間近く先なので、まず苺狩りに行きます。Bousou_011
ハウスに入ると、そこにはキレイに並んだ苺の苗と、数多く実った苺がありました。
これを見た途端、不機嫌だった娘が急にご機嫌に。
実っている苺を見るのは娘にとって初めて。
そこいらじゅうに大好きな苺が、それも普段食べているのより2まわり以上でかい苺がごろごろ、しかも真っ赤。
大人でさえも興奮してきてしまいます。
でも味はどう?てなわけで一個つまんで口へ..。
Bousou_012 おいしい!
普段スーパーなんかで買っている苺とは大きさ、甘さ、やわらかさ、いづれも段違い。ビックリです。
次から次へとつまんで食べ続ける私たち、5センチくらいの大きさでも味は大雑把ではなく、これが本当の苺なんだあと感心。
それに本当にやわらかいんです。
なんで普段食べてるのとこんなに違うんだろうと疑問に思いましたが、考えてみると「これだけやわらかいと痛むのも早いだろうなあ。これじゃ店頭に出す頃、しかも都会に出す頃には商品価値なくなるかもなあ。」と思いました。Bousou_010
んじゃ、我々が普段食べてるものは何なのだ?
そんなことを思いつつ腹いっぱい食べ、娘も目をキラキラさせながら食べまくっていました。
 
ハウスを出ると、SL待ちの人たちはまた少し増えていました。近くにSL待ち専用の駐車場までありました。
警備の人も結構います。なんでも以前SLを走らせたとき、写真を撮りたがるマニアが線路に入ったり、ひどいのは機関車が近づく正面で線路に寝そべって撮影をしようとしたマニアもいて、マナーがかなり悪かったらしく今回はかなり厳重なのだそうです。
私たちはここでSLを待つには時間が遅いので出発しました。
でもなんとかSLを見れないかと考えた私は、行き先までの道がちょうど線路と並行であることに気付き、SLの運行スケジュールをもとに手前の千倉駅に行くことを提案しました。
14時20分に千倉駅着。これなら、泊まり先の勝浦の途中だし、待ち時間も15分ほど。ちょうどいいです。
で、千倉駅について入場券を買い(特製スタンプ付き)ホームへ、既にマニアを含めら何人かのひとが待っていました。
Bousou_019 14時20分に駅にSLが入ってくると、ホームの先頭部分は大騒ぎ。
家の近くの郷土資料館に展示されているSLは薄汚れていますが、このSLはピカピカ。
スゴーイ!これしか出てこないくらい感動的でした。
そして、SLは黒い煙と、空に良く響く汽笛を響かせ、重厚なシュッ、シュッ、シュッという音とともに去っていきました。「080126_152001_0002.3GP」をダウンロード
 
この後は宿へ向かいました。ここまで何とも中味の濃い旅行をしているせいでちょっと疲れ気味。
Bousou_035 宿の保養所はキレイな建物です。
ここは食事がおいしいことがお気に入り。
夕食はこれ以上食べられませんというくらい食べた上に飲みやすいイタリアワインを飲みすぎてしまいました。
娘は朝からずっとやりたがっていた、ぐりとぐらのカルタをやれてご機嫌です。
私は先日当選したエルメのお菓子をいただきました。
イスパハンのケーキはさすがの味でした。
 
保養所の庭からの景色は東側、遠くに海も見える絶景です。Bousou_036
日の出こそ見れませんでしたが、きれいな日の光が雲間から漏れていました。
 
日曜はまず勝浦の朝市へ。ここでは地元の魚を使った干物や野菜が並びます。1メートル以上あるマグロも店先に出てました。結構遅くいったのですが早めに行くともっといいものがあったかも。Bousou_042

その後、館山へ花摘みに行きました。館山近辺は今から3月くらいまでは花摘みが人気。
まだ種類が少ないですが、キレイな風景でした。Bousou_056
 
その後、道の駅で海鮮丼を食べて帰路へ。
 
ちょっとまだ寒いですが、この時期の房総半島は南関東では楽しい観光地です。
今回は行きませんでしたが、鴨川シーワールドなども結構楽しいです。

|

« いよいよ正月が来る。 | トップページ | ひさびさ、神様と私 ~練習試合で想像ごっこ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ正月が来る。 | トップページ | ひさびさ、神様と私 ~練習試合で想像ごっこ~ »