« 最近やってること | トップページ | Jリーグ開幕!敵を知り... »

2008年3月 7日 (金)

家本マジックの真実とは何ぞや

先日のゼロックススーパーカップで主審を務め、11枚のイエローカード、3人の退場を出した家本主審が日本サッカー協会から無期限の試合割り当て停止を命じられました。
”家本マジック”
我々Jリーグのサポーターの間では有名な単語です。
私も彼が笛を吹く試合に何度も遭遇し、何度もその笛とカードに感情を煽られた経験があります。
 
今回の処分の発端がスーパーカップでのレフェリングにあるとはいえ、それ以前から彼のレフェリングが不要に試合を左右していたことが幾度もあったことは事実でした。
だからこそ”家本マジック”などという言葉が出来たのだと思います。
しかしながら、それに対する日本サッカー協会のこれまでの対応が何とも理解できません。
レフェリーの地位が特別のものであるとはいえ、だからこそファンから信頼されなくてはならないはずです。
にもかかわらず、日本サッカー協会はこれまでファンの信頼、信用以前に身内である1人の主審を無策に保護してしまいました。
身内であるからこそ厳しくも真剣に向き合い、正しい道へ導くことをすべきだったと思うのです。
そうしていれば今頃、家本氏もファンも選手ももっと幸せな関係になれたはずです。
 
今回の処分は誰も幸せになれず、一番最悪な展開のような気がしてなりません。
日本サッカー協会こそ今回のことを一番肝に命ずべきことだと思います。
そうでないと、次の”●●マジック”の主ができあがるだけだと思います。
 
動画を見ていないのではっきりわからない部分もあるのですが、記者会見で松崎審判委員長に向けられた家本氏の視線に私は問題の本質が見えるような気がするのです。

|

« 最近やってること | トップページ | Jリーグ開幕!敵を知り... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近やってること | トップページ | Jリーグ開幕!敵を知り... »