« 家本マジックの真実とは何ぞや | トップページ | あとほんの少しの執念 »

2008年3月 8日 (土)

Jリーグ開幕!敵を知り...

ついに08Jリーグが開幕した。
今日の注目は横浜FM対浦和!
もそうですが、私的には違う試合に注目していました。そのカードは愛媛FC対ロアッソ熊本です。
してその理由は?この2チームは今季徳島が絶対勝たなくてはいけないチームだからです。
愛媛の仕上がりは?ロアッソの実力は?
『敵を知り己を知れば百戦危うからず』とは孫子の有名な言葉です。
どうしても気になるのを抑えられません。
正直試合のレベル的には横浜対浦和とはかなりレベルの違う試合になる可能性が高いとは感じていましたが。
 
本当は生で見たかったのですが、急に実家に行かなくてはならなくなり録画を設定。帰宅してから見ることにしました。
実家に行ったら母親が横浜対浦和を地上波で見ていたため、見ないはずの試合を見ることになりました。
スコアを知らずに見たかったので(偶然にも横浜戦の放送では試合終盤のスコア速報はしなかった。)、携帯のスコア速報もチェックせず帰宅。
ビデオを新鮮な視点で見ることができた。
 
で、最初に結論から言うと、徳島サポーターはこの試合を見た方がいい。
 
試合内容は決してハイレベルとはいえなかったが、前半熊本が高い位置からプレスを積極的にしてきたため愛媛は守勢に回った。
しかし、最後の場面では踏ん張り続けるタフさを示していました。逆に熊本はやりたいことがやれていたようでそのレベルの高さは昇格チームという冠詞には不釣合いなほどでした。
お互いミスは目立ちますが、結構緊張感のある前半はスコアレスに。
そして後半、ハーフタイムで修正をしてきた愛媛が今度は攻勢に回ります。しっかり前半と逆に持っていくところに愛媛のしたたかさと成熟を感じました。
そして先制点、2点目のシーンは、勝負どころでアクセルを踏めるチームになったのだという実力を感じ取れました。
この日愛媛は守備の金守、中盤の宮原らを欠いていましたが、チーム全体が着実に強くなっているのを強く感じました。
 
熊本も、後半は押されて苦戦したものの、FW高橋はGKからのロングキックから驚愕のダイレクトシュートを放ち、熊本のJ初ゴールを決めました。
その後、ガンバにいた中山があわや同点という打点の高いヘディングシュートを放つなど、FWのレベルは高いことがわかりました。
前半の内容と合わせて考慮しても徳島が簡単に勝てる相手ではないことは確かです。
 
本当に見る価値ありました。
相手を知ることは本当に大事だなと。
サポーターやってると自分のチーム第一になりすぎて、自分とこのサッカー以外は見なくなっちゃったりするんですよね。
そうなると気持ちが自分に向き過ぎちゃって、ひどくなると自分のチームすらよく見なくなって、応援してる自分しか見れなくなったりしてしまう。
それではサポーターではないですよね。
チームと一緒に戦うんですから相手のことも知るべきだと思うのですよ。
 
さあて、明日はいよいよ徳島の開幕。
ミノさんが「あと3ヶ月は欲しい」と言ってたくらいだから、過度の期待はしちゃいけないと思うんだけど、いい意味で驚かせてほしいね。

|

« 家本マジックの真実とは何ぞや | トップページ | あとほんの少しの執念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家本マジックの真実とは何ぞや | トップページ | あとほんの少しの執念 »