« Jリーグ開幕!敵を知り... | トップページ | 100歳のインテル »

2008年3月 9日 (日)

あとほんの少しの執念

ついに徳島の08年が開幕しました。
そして0対2で敗れました。
でも、悲観する内容ではありませんでした。むしろ今後の期待の湧く敗戦でした。
試合は終始ヴォルティスペースでしたし、失点は2点ともやむを得ない形でしたから内容は現時点では合格レベルだったと思います。
 
足りないものをあげるとシュートの精度なんでしょうけど、次の2点でほんの少し改善するだけで結果は付いてくる気がします。
一点目は、もっとシュートにこだわること。シュートへの執念ですね。
後半、カウンターからチャンスになり、ドゥンビアから玉乃へのスルーが出たシーンがありました。
最後は玉乃がクロスを選択したのですが、あのようなシーンでもっとシュート、あるいはシュート性の速く低いクロスを狙うと相手キーパーにとってもイヤだと思います。
ドゥンビアは積極的に狙っていました。精度に問題があり決まりませんでしたが、他の選手にももっと狙って欲しいと思います。
試合は支配できていただけに、もっと狙う姿勢を相手に見せるだけで相手も腰が引けてくると思うので是非狙って欲しいと思います。
 
もう一点は、もう少し諦めずに最後の最後まで狙う気持ち、こらえる気持ち、執念を持って体を動かして欲しいと思います。局面で戦う執念ですね。
理由は上の一点目と重なりますが、執念ある姿勢をお客さんはちゃんと見ているので、それがお客さんをスタジアムに呼ぶ力にもなると思います。

どちらも出来ていないから指摘するのではなく、出来ているからなおもう少し上を発揮してほしいと言いたいのです。今日の試合に限れば、横浜FCはその点で徳島より上でした。敗戦はそのせいが大きいと思います。でもこれからですよ。
 
繰り返しますが、試合内容はとてもよかったです。
次節甲府戦では、ほんの少しのかい改善を見せてもらえると嬉しいです。
応援とかも甲府戦のあとで詳しく見てみたいです。

さあ、甲府行くぞ。

|

« Jリーグ開幕!敵を知り... | トップページ | 100歳のインテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ開幕!敵を知り... | トップページ | 100歳のインテル »