« 100歳のインテル | トップページ | この風を逃すな! 対ヴァンフォーレ甲府戦参戦記 »

2008年3月15日 (土)

またね、ジョニー。

明日は関東勢にとっての開幕である甲府戦である。
待ちに待った日ではあるが、その前にもうひとつ待っていたことが今日ありました。Johnny_011
千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対楽天戦とジョニーこと黒木知宏氏の引退セレモニーがあったのです。
 
オープン戦にもかかわらず、この日マリンスタジアムは3万人の満員。ジョニー人気の高さが伺えます。
4月中旬のような暖かさの中、ジョニーの記念すべき日を勝利で飾りたいとこでしたが、この日のロッテは打線がサッパリで、残念ながら敗れました。
が、この日のメインイベントが試合ではないことは誰もが知っています。
 
Johnny_009 試合終了後、ジョニーは最後のマウンドに上がりました。
受けるのは橋本、打つのは同期サブロー、そして楽天・磯部、ロッテ・福浦の3人。
ジョニーは最後のマウンドも彼らしく気持ちの籠ったピッチングで勝負し、最後は福浦を三振に取りました。
 
以前にも述べましたが、ジョニーは私が千葉ロッテのファンとなるキッカケを作ってくれた選手でした。
99年、あの松坂大輔がマリンスタジアム初登板となった試合で投げ合ったのがジョニーでした。
歴史に残る熱闘を制したジョニー。
お立ち台で松坂目当ても多かった満員のスタジアムに「明日も勝つんで来てください!」と声を掛けたジョニー。彼の熱意はマリーンズを最高のファンに支えられた最も愛される球団に成長させました。
久々に来たマリンスタジアムはまた少し変化がありました。
レフトスタンドにはデッキスタンド席が、3塁内野席にもボックスシートが新たに出来ようとしています。
Johnny_008 そこではゆったりと飲食をしながら観戦できるようになっています。
スタジアムに来てくれるファンのためのボールパークへとさらに変わっていくマリンスタジアム。
そんなマリンスタジアムを支えるファンを作り上げたのは、まさにジョニーら苦しい時代を熱意を持って戦ってきた選手らがいたからです。そしてジョニーはその旗頭として戦い、ファンに愛されてきました。
 
彼が投げた試合は数多く通いました。
彼が投げた試合は勝率もよく、また早く終わるので助かりました。9時に試合を終らせてくれるので帰りが大変楽でした。
そんなジョニーとも今日が最後。
満員のスタジアムが彼との別れを惜しんでいました。
 
Johnny_007 ジョニーは最後の挨拶で13年間の謝辞を述べました。
小宮山選手やジョニーの子供らから花束を渡され、その後スタジアムを一周。ファンに愛された彼のことは永く語られていくでしょう。
そして、またいつかマリンスタジアムで会いましょう。
サンキュー、ジョニー。またね。Johnny_006

|

« 100歳のインテル | トップページ | この風を逃すな! 対ヴァンフォーレ甲府戦参戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100歳のインテル | トップページ | この風を逃すな! 対ヴァンフォーレ甲府戦参戦記 »