« またね、ジョニー。 | トップページ | あの頃のように記念すべき日にしたい。 »

2008年3月16日 (日)

この風を逃すな! 対ヴァンフォーレ甲府戦参戦記

開幕戦で敗れはしたものの見違えるようなパフォーマンスを見せて鳴門を盛り上げた新生ヴォルティス。
開幕戦での戦いぶりはホンモノなのか?
いい試合したのに次の試合でヘロヘロなんてのはよくある話で、今日こそが本当に変わったのか、変わるのかの真価が問われる試合なのです。
 
Koufu2 今日はイーストのバスツアーで参戦。
早朝新宿に集合。15人ほどで甲府に向かいました。
順調にバスは走り、2時間足らずで到着。
小瀬に来るのは3年振りです。
 
相手の甲府は昨季は狭いスペースでパスを交しつつ打開する流麗なサッカーをしていました。
監督は変わりましたがベースは変わっていないので、今日は中盤を支配されるだろうとは思っていました。
果たして、その予想は良い方向で外れました。
 
ヴォルティスは中盤で素早くボールホルダーをチェック。時には複数で囲い込んでボールを奪っていきます。
明らかに昨季までとは動きが違います。
しかし、スライディングを度々する甲府に対し、身体を入れてボールを奪取するスタイルの徳島の方が余裕と組織だった面を感じます。確実に奪っていくのでファウルが少ないのも特徴でした。
開幕戦でカードが一枚もなかった理由がわかりました。
奪ってからの展開にはまだ難点がありましたが、中盤で甲府とガチンコの奪い合いを展開。
しかし、個に優る甲府が次第に右サイドを中心に攻めて優勢に立ちます。危険なエリアで再三フリーキックを与えてしまいました。
が、これを何度となくしのいで得点を許しません。
が、ここで気が付いたことが一つ。
徳島の壁がデカイ。
林、六車らが壁に入るとその高さが目立ちました。
明らかに甲府の方よりデカイ。
これは大きな武器を手に入れたと気付きました。
開幕でも活躍したドゥンビアはなかなかボールがキープできず苦戦を強いられましたが、彼の縦への突破は甲府に大いに脅威を与えていました。
若干甲府ペースながら無得点に前半を終えましたが、ゴール裏には大きな期待が膨らんでいきました。
 
後半は徳島ペース、いつしか甲府は自分達のスタイルを捨て、徳島ディフェンスラインの裏を狙うようになりました。これに対し徳島はボールを持てるようになったドゥンビアを中心に鋭いカウンターで甲府を脅かしていきます。
その傾向は時間が経つにつれ増していきました。
感心するのは運動量が衰えないことでした。
明らかに甲府は一杯の状態で主導権を握れず苦しんでいました。
チームが間違いなく変わっている。この試合勝てるとゴール裏全員が確信していました。高まるテンション。
応援も熱を帯びていきました。
勝てる、勝たす、という気持ちを込めました。
 
が、残念ながら最後まで得点は奪えませんでした。
 
Koufu3 大声援で徳島の選手達は迎えられました。
チームは生まれ変わろうとしていると実感しました。

そして負けなかったけど大ブーイングで迎えられた甲府イレブン。この試合、我々の方が間違いなくいいチームでした。でもそれだけでは何も得られません。
 
これからの課題は言うまでもなく決定力です。
昨季とは見違えるサッカーでした。しかし、私的には普段Jリーグでよく見るアクションサッカーで特に新鮮味はありませんでした。
早い出足で複数で囲んで奪う。こういう守備はマリノスやレイソル、他のチームでもしています。
今のJリーグでは主流です。
つまり、徳島ヴォルティスはやっとJリーグの主流に乗れたのだと思います。
本番はここからです。
ここに肉付けをしていき、徳島のサッカーにしていくのです。
まだ基礎段階なのにこれだけ感動してしまうということは、昨年までのサッカーがいかにつまんなかったかということなのでしょう。
ですが今、徳島に新鮮なサッカーの風が吹いていることは事実です。
これを最大限活かして、徳島の人達にサッカーの面白さを知ってもらう絶好機です。
この風を逃してはいけません。Koufu4
上手く活かせれば、ヴォルティスサッカーの評判が評判を呼び、スタジアムに大勢の人を呼ぶことができるでしょう。
そのためにも次節、愛媛とのダービーはナニがナンデモ勝たなくてはいけません。
 
試合後のミーティングでも、それを踏まえて今日の応援について以前から感じていたことも含め、話をさせてもらいました。
内容はその場にいた人の中での話ということで割愛しますが、是非ホームのみんなはこの風を活かしてほしいなと思います。
 
家に帰ってきてから思い出したことがあります。
03年のJFL。リーグ初優勝を目指し、栃木SCとのアウェイでの決戦を戦いました。
あのとき、HONDAに引き分けるなどその当時過去最高の上昇気流に乗っていた栃木SC。
スタジアムで10人にも満たないサポーターの試合前の応援コールを聞いて、何かものすごいパワーが彼らから放出されているのを感じ、この試合は難しくなると直感しました。Koufu1
そしてその試合、その通りに過去の栃木戦の中でもっともタフな試合となりました。
その試合をかろうじて制した大塚FCは優勝に大きく前進したのですが、今日甲府のアウェイゴール裏にいて、あの時の栃木サポーターが放っていたパワーの正体がわかったような気がします。
そのパワーをヴォルティスのために活かしたいです。
 
さあ、みんなでヴォルティス時代の扉を開け、大海に漕ぎ出しましょう。
風を掴もう。

|

« またね、ジョニー。 | トップページ | あの頃のように記念すべき日にしたい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またね、ジョニー。 | トップページ | あの頃のように記念すべき日にしたい。 »