« 今年のGWは新しいスタートの予感 | トップページ | ぶれずに270分を戦い抜け »

2008年4月23日 (水)

美しくなくても勝てた水戸戦に成長が見えた日。

週末+月曜でなんとか引越が終わりました。
急に住処が広くなったことでちょっと戸惑いもありますが、無事にネットもスカパーも利用できるようになりました。
忙しくて水戸戦のビデオを見る時間がなく、昨日の夜前半を、そして今日後半を見ました。
いろいろな人の試合評を見ました。
その前提で試合の感想を書きます。
 
サッカーとは点を取ってこその競技である。
当たり前のことだが、この試合はそういう試合だったように思う。
試合そのものは水戸が主導権を握って進んでいた。
徳島は守備が後手後手に回り、相手がスピードを上げるとあっさり守備を切り裂かれ危険なシーンを連発した。
しかしながら、水戸はフィニッシュが合わなかった。
これが試合の明暗を分けたと思う。
 
水戸は前半、速いパス回しで最後は左サイドから低い速いクロスをゴール前に入れてきたシーンがあった。
完全に左を突かれたが、クロスに一瞬間に合わず、島津にセーブされた。
ああいう攻めを続けられたら危なかった。
試合には勝ったが、まだ点差とは違う差があるなと感じた。
でも、試合は徳島の勝利だった。
これがサッカーである。そもそもこの試合は第2ラウンドの初戦として絶対勝利が条件だったのでこれで御の字ではある。
 
徳島は守備が後手だったこともあるし、マイボールの失い方もよくなかった。
しかしながら最大限の結果である勝利を得た。
今の徳島ヴォルティスは”美しく勝て!”なんてクライフみたいな要求をできる次元のチームではないし、こういう内容の厳しい試合でも結果を得られるようになったことは成長だと思う。
それがドゥンビアに因るところが大きいのは事実だと思う。
水戸にとってドゥンビアに裏を抜けられるのがそれほどにも怖くて、ラインが上げられずロングボール主体になったのかはわからない。
ただ、相当警戒していたことは事実だろう。
結局、最後はそのドゥンビアがゴールを決める。
これは今後の試合にも大きな影響があると思う。
いろいろなことを踏まえ、次の鳥栖戦に挑んで欲しい。
ただ戦い方を変える必要はないし、変えたら自滅するだろう。
次は勝利も大事だが、自分達をぶらさずに最後まで戦いきれるかを注目したい。
 
眠い。よくわかんない文章を書いてしまったが、引越疲れが取れていないので勘弁してください。
総統、アンクルさんには助かりました。

|

« 今年のGWは新しいスタートの予感 | トップページ | ぶれずに270分を戦い抜け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のGWは新しいスタートの予感 | トップページ | ぶれずに270分を戦い抜け »