« 仙台戦に臨む気持ち | トップページ | 今年のGWは新しいスタートの予感 »

2008年4月13日 (日)

課題と収穫と期待の仙台

勝っても不思議ではないが、負けても不思議ではない。
ではドローは?
ビミョウだあぁぁぁ!
なぁんてことはなく、考えようによってはいい結果だったと思う。
 
昨日の朝、たまたまスカパーで横浜FC対ベガルタ仙台の再放送をやっていたので見た。
仙台は日本人だけであったが予想通りチームの成熟度が高く、横浜FCより力は上だった。
2点目さえとれればという展開だったが、最大にして今最もアタマの痛い彼等の問題のため、勝利を手にできていなかった。
仙台は目標であるJ1昇格をずっと果たせずにいるが、その間にもチームに根付いた力やノウハウがあるのだろう。
その中には相手チームのスカウティングは当然あると思う。
そのようなノウハウは選手が入れ替わっても失われないものであるし、失われるようではプロ失格である。
ならば、J1昇格を狙うライバルチームを続けて破った徳島のスカウティングに怠りがあるはずはなく、また徳島のストロングポイントはわかりやすいので(実は弱点もわかりやすい)厳しい試合になるなぁと朝の段階で思っていた。
 
試合時間中は引越の関係で用事があったので、家に帰ってから試合をじっくり見た。
前半、率直な感想からいうと思っていたほど苦戦したようには見えなかった。
その理由が自分達の持ち味を封じられてないというより、仙台の攻撃に得点の匂いが薄いせいかと感じた。
短い速いパスをつないで攻め込んでくる。サイドも使ってくる。
だが、徳島の選手のブラインド、つまり逆サイドを突いてくる展開が少ない、というか展開が遅いので必ず徳島の選手達の視界の中でボールが回されているように見えた。
フィニッシュに持っていく前は対応が難しくても、フィニッシュの際のパターンは意外なほど少ないのだ。それに突出した個を持ったFWが正直いないので局面で強引に点を取ることも難しい。
だから、最後にははね返せてしまう。
これに気付かれると、相手のディフェンスを落ち着かせてしまう。
だから、仙台は得点が少ないのではと思う。
 
じゃあ、徳島が後半失点したのは?
これは前の試合で指摘したボール保持者へのアタックの緩さにあったと思う。
そういう意味で課題が改善されなかたのは残念。
せっかく仙台が攻めあぐねていたのに要らない失点だった。
 
だが、大島のゴールは良かった。
ゴールを決めたこともそうだが、フィニッシュの直前に一度相手をかわしておいてニアサイドの上隅という難しいところに打ち込んでくれたことが嬉しい。
去年までだったら、あのような場面で慌ててしまってふかすか、またはシュートまで持っていけなかったと思う。
それからドゥンビア。
幻の逆転ゴールは申し訳ないが間違いなくオフサイド。
でも、トラップしてかわしてゴール右上隅へぶち込むプロセスは最高の形で、去年までの知っているドゥンビアでは見たことがない形だった。
これは彼が出場機会を多く得たために急速に成長している証明であり、彼の潜在能力が高いことの証明でもある。
 
課題と収穫、期待の持てる試合だった。
自信は得たが、慢心を呼ぶ試合ではなかったと思う。というか慢心してはいけない。勝てなかったのだから。
 
次の相手は相性が悪い水戸である。
越えなきゃならないヤマである。
慢心していたらまたやられる。それでは逆戻りである。
ヴォルティスの時代を進めるために次は強い気持ちで挑戦者のつもりで断固勝とう。
 
で、ここからは余談。
いいんえすかぁ、神様ぁ。
あんなに岐阜を喜ばせちゃって。
知りませんよぉ。

それからもう一個、今サンデージャポン見てるんだけど、ブエノスアイレスで聖火リレー取材してるおじいさん日本人ジャーナリスト面白すぎ。

|

« 仙台戦に臨む気持ち | トップページ | 今年のGWは新しいスタートの予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台戦に臨む気持ち | トップページ | 今年のGWは新しいスタートの予感 »