« 徳島ヴォルティス人 | トップページ | ヴォルティスサポーターとして »

2008年5月26日 (月)

相手からヴォルティスが学ぶべきこと

ただやられましただけは許されないと書いた。
そのように見えなくもなかった。少なくとも失点のシーンを見ればただ”やらせてしまった”シーンだった。
相手のシュートも上手かったが、ゴールまでの距離を考えれば誰かもっと早く詰めさえすればシュートコースは消せるはずだった。
熊本戦で局面でのプレーが軽すぎると指摘したが、今回もまったく同じ。
違いは相手が決めたか、決めないかの違いだけ。
決められすぎてあっというまに試合は決まってしまった。
 
”勝ち負けはほんの少しの違いで決まった。当然選手達はわかっていると思う。”
これも熊本戦の記事で書いた言葉。
わかっているはず、わかっていないとならないと思っていた。
わかっていなかったのか、忘れたのか。
どっちにしろ、こんな試合をしていたらお客さんはスタジアムに来なくなるよ。
 
ちょっと危機感がないんじゃないの?
ホームゲーム軽く考えてない?
鳥栖とか山形とかは、広島やセレッソなんかに比べれば比較的徳島に近いチームだよね。
とゆうか、お手本にしなきゃいけないチームだ。
いろいろ見習えるとこあるけど、今何を一番見習わなきゃいけないのかわかる?
 
アビスパ福岡が仙台を下し連敗を脱出した。
試合後のインタビューで、FW大久保選手がサポーターソングを大声で歌いだした。
下手くそだったが、気持ちがこもっていた。サポーターのために勝ちたいと思っていたという気持ちがむき出しになっていた。
正直な気持ち、視線が画面に釘付けになった。福岡のサポーターがとても羨ましく思えた。
ホームゲームに来てくれたファンに答えたいという気持ち。
福岡はいい選手を持っているね。
こういうとこでも差を感じるね。だから勝てないという理由もあるかもしれない。
徳島でも変えていかないといけない。

|

« 徳島ヴォルティス人 | トップページ | ヴォルティスサポーターとして »

コメント

サポーターって何?って悩むと何時も此処を覗かせて頂いてます。私も、あの大久保選手のサポーターに対する精一杯の答だと感じました。
正直…羨ましいと感じたし、徳島はそこまで選手を燃え上がらせられて無いのか?
毎試合毎試合反省の繰り返しです。
でも、辞めれないんです!ついていくしかないんです!
これからもよろしくお願いします。

投稿: | 2008年5月27日 (火) 06時37分

試合毎にブログを拝見しています。
鳥栖戦はゴール裏の上の方から観戦してました。
チームや選手に色々言いたいことはあるんですが、
あえて集約すればふたつ。
スペースが使えないことと、突破ができないこと。
その他、シュートが遅いとか決定力が無いとかを
言い出せばきりがないので、この2点かな、と感じてます。
これは、提案の形でチームへメールしてみます。
チームにとってはプロだからわかりきっているだろうが、
サポーターから観た「試合の面白みを復活させる」
という意味で、敢えてメールしてみます。
せめてスペースを使うことはすぐに修正できるのでは?
得点シーンは、混戦から押し込む形が多い。

相手の裏をつけば、もっと楽にシュートできるし、
得点にも結びつく。
シンプルさと意外性がない。

このように選手に伝える前に、サポーターの意識統一も必要かな、と。
試合後選手がサポーター席の前に来て挨拶の
あと、一部のサポーターから拍手があった。
(その前にバックスタントでも拍手があった。。)
これって、何でしょ???
サポーターが敢えて行動しなければならないことを
考えて行動しないとチームが強くならない。
イヤなこと(拍手しないこと)もやるべき。
今回の一部のサポーターの拍手に意味が見いだせなかった。

欧州で強豪の某ビッグクラブでは、選手がバックパスを
するとサポーターがブーイングしていた。
それでチームは強くなったと聞く。
応援の仕方でチームを変えなアカンな、と。

投稿: | 2008年5月27日 (火) 11時49分

コメントありがとうございます。

アビスパの大久保選手は、チームが8試合勝ち星から見放されていた中、必死に戦っていたのでしょう。
何とかしたい、ずっとそう思い続けていた気持ちがインタビュー時に歌いだす行為に結びついたんだと思います。
彼はかっこ悪かろうがなんだろうが何とかしようとしていたんですね。
そういう気持ちがヴォルティスの選手、特に失点シーンの選手達からは見えませんでした。これはディフェンスの選手に限らずですよ。1点目はともかく、同じ過ちを繰り返さないようにアドバイスすることはオフェンスの選手もできるはずですから。
 
試合後に拍手する人達ですが、そういう人達はどこにでもかならずいます。
その行為は現状を理解できていないからではなく、少しでもいいところがあったと無意識にでも気付いているから拍手するんだと私は思います。
彼らが本当に拍手しなくなったらそれは絶望的にマズイ状態だということです。
こういう試合でも笑顔でキャー、キャーいいながら選手に手を振って愛想を求める輩がたまにいますが、彼らはそういう連中とは全く違うと思います。
後者は論外です。サッカーを見に来ているのではありません。
 
選手や、サポーターで共有する必要があると思うことについては、別に記事で書こうと思いますが、監督や選手のブログもありますから、行えることは私自身にも言えることですが、自分から考えて行動すべきだと思います。頑張りましょう。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年5月27日 (火) 22時39分

お返事をありがとうございます。
拍手の意味については、自分の中でクリアになりました。
今年はシーズン終了時には笑えるように頑張りましょう。
これからも宜しくお願いします。

投稿: | 2008年5月29日 (木) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島ヴォルティス人 | トップページ | ヴォルティスサポーターとして »