« ヴォルティスサポーターとして | トップページ | 青い空、東総スタジアムで、ニューウェーブ北九州と出会う。 »

2008年5月31日 (土)

ひたちなかで突きつけられたヴォルティスの現実

水戸に行ってきた。
結果と内容は説明するまでもないかな。
他の人のブログに書いてあることと同じことを書く必要はないかな。
だから行って現地で見えたことを書こうかなと思います。
 
ひたちなかに行くのは随分久しぶりだった。
雨は降っていたけど、どうにか応援に支障が出ない程度にはなってくれた。
しかし、お客さんの少ないこと。
メインスタンドには同じブルーのレインコートを着た人ばかりいる。
まるで全員関係者なんじゃないのって感じ。
バックスタンドには水戸のサポーターの姿すらない。これってどうゆうこと。
観客はかろうじて1000人を越えたの?ウソだぁ。絶対実数は3桁だって。
そんな低テンションの状況の中、試合は始まった。
 
ヴォルティス側で大旗は私のみ。風が強くて苦戦したが、風向きに気付く。
そして水戸が風下からスタートしたことにも。
水戸は終盤に失点が多いとのことなので、後半に有利な位置を選択したのかと推測した。
試合は前半ヴォルティス攻勢で進む。
しかし、すぐにあることに気付き、試合が進むにつれ確信が増す。
水戸は劣勢でも、ボールは確実に丁寧につなげている。一方ヴォルティスはボールを受けても落ち着かせるのにワンアクションあったり、球離れが遅くプレスに掛かりやすい。
細かいミスも多い。だから攻撃がスムーズに組み立たない。
これが後半の流れを決める重要な要因となったのは試合後に気付いた。
 
ヴォルティスの攻撃は蹴りこむ形が多い。ただ、意図や狙いが大雑把で前線になかなかつながらない。
ドゥンビアがいるとそれでもボールに追いつくので攻撃が繋がったが、いないと全く形にならない。
そう。今日はドゥンビアがいないのに、ドゥンビアのいるサッカーしているようだった。
 
後半は皆が見ている通り、実は水戸の方がチームとして上であることが突きつけられた45分だった。
勝たなきゃいけない相手なんておこがましいよね。
もう1回出直し。
 
ただ、守備でみんなよく戦ってたと思う。
西河はよくクリアやカットに活躍してたしね。
やればできるんだって。だからこそ、突きつけられた現実は重かったね。
 
それから、チームだけでなく、サポーターも自分達の足元をもう一回見直さないとね。
難しい問題があるんだけどね....。
これ以上はここでは書かないけど。

|

« ヴォルティスサポーターとして | トップページ | 青い空、東総スタジアムで、ニューウェーブ北九州と出会う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティスサポーターとして | トップページ | 青い空、東総スタジアムで、ニューウェーブ北九州と出会う。 »