« 最近のこと。 | トップページ | スペインサッカーを知る一冊 »

2008年6月29日 (日)

休みをポジティブに使おう。

失点シーンは、サッカーを知っているかの差が出たね。
簡単なフェイドアウェイだけど、藤田が引っかかっちゃった。
スローインの処理がミスなのかは自分的には微妙だけど、藤田の対処(気付いてムリにスライディングしてしくじったプレーも含め)はミスだったと思う。
相手が百戦錬磨のベテランFWで、どういう動きをするかということを考えてなかったのかもね。
ただ、このシーンに限ったことじゃなく、他のシーンでも、他の試合でも、ヴォルティスの選手はサッカーの試合の仕方が下手だ。
草津戦の高田の1点目もそう。サッカーの試合がわかってない。それがプレーのスピードにも悪影響を与えている。
個人技術だって必ずしも優っている選手が多いわけじゃないんだから、これじゃなおさら勝てっこない。
 
で、負けると自信がなくなり、迷いが深くなり、さらに悪くなる。
いまはここの一歩手前。
とゆうか、ここまで来て何とか戻し、そしてまた悪くなるの繰り返しがここまでのシーズンだと思う。
 
このままじゃ一桁順位は難しい。
今年も負け犬病に心が冒されはじめている。
熊本がすぐ後ろに来ている。次節は休み。
いやな予感がする人が多いと思う。
でも、ここで休みが来ていることを前向きに捉えた方がいいと思う。
 
スカパー中継で、練習中に倉貫を中心に選手の輪ができている光景が映った。
京都でも彼は選手の輪の中心であったようだ。
次の9日まで時間がある。
チームも、選手の心も一度リセットして、監督、コーチ、選手(できりゃフロントも。役に立たない可能性も高いが。)でよくコミュニケーションして色々な意味で相互理解を深めて欲しい。
飲みに行ってもいいよ。焼肉死ぬほど食ってもいい。ミニキャンプもいい。
雰囲気も含め変えてくれ。全員でそうやってくれ、誰かに依存せずに。
それが次の試合までの課題。
 
でもね、厳しいことも言っておく。
正直考えが甘いんじゃねとか思える選手もいる。
はっきり名前出すよ。柴村キャプテン。
ブログ読んでて気付いたんだよね。
 
『チーム一丸となって頑張りますので応援よろしくお願いします。』
若干表現が変わるけど、毎回試合の前の記事の〆に出てくるセリフ。
3月は3回、4月3回、5月4回、6月6回(30日17時時点)、合計16回も使われている。
随分軽く使ってるよね。
 
で、いつになったら一丸になるんだよ!そもそも君の言う一丸の意味ってなんだ!!
よく知らないけど、先日敗戦後のスタジアムで誤解を招くような行動があったのかい?
記事にコメントが載っている(載せている)君のファン以外は、君のプレーぶり等に不満だと思うよ。
オレは不満!!
言葉を軽く使っちゃってるのか、それともこっちが舐められてるのかわかんないけど、試合のことについて記事書いてるんだったらもう少し自分の発言の重みを感じて欲しいと思う。
こっちだって、ネットに自分の言いたいこと載せることで覚悟持ってやってるんだから。
覚悟なかったらメール打てばいい話なんでね。
 
負けが込んできて、去年に似てきたんでファン、サポーター内で気持ちが不安定になっている。
そういうときゴール裏の行動に批判が集まるのは、批判を受ける行動の内容とは別に、チーム状態が本当にまずくなってきている証拠でもあると思う。
各自が意固地になりやすい状況なんだけど、各自が自分を振り返るのも重要だと思う。
こっちも一旦リセットしたほうがいい。
試合後の選手のコメントでハッとしたものがあった。
「サポーターの人たちのブーイングを、初めて身近で聞きました。正直、心が痛いです。」(J’sGoalより参照)。菅原のコメントだ。
ブーイングってずっと否定してきた。
でも、ここまでで言いたいことは結構言い尽くした感もあって、6月の試合の終了後の挨拶時でも迷ったんだけど、地鳴りのするようなブーイングしてもいいのかなあと思っている。
それは昨日観た国立の柏レイソル対浦和レッズ戦で、前半最悪の内容だった浦和イレブンに、前半終了直後に浦和サポーターが大ブーイングしたんだよね。
もちろん浦和と徳島では全く事情は違うんだけど、ちょっと考え変えてみた方がいいかなと思っている。
もちろん、こっちが試合に行けるのは早くて9月下旬なんで、どうするのかは徳島地元のサポーターにおまかせなんだけどね。
 
とにかく、次の休みをポジティブに過ごし、休み明けは勝ってくれ。

|

« 最近のこと。 | トップページ | スペインサッカーを知る一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のこと。 | トップページ | スペインサッカーを知る一冊 »