« ひたちなかで突きつけられたヴォルティスの現実 | トップページ | ミッドナイト・オイル »

2008年6月 1日 (日)

青い空、東総スタジアムで、ニューウェーブ北九州と出会う。

昨日の雨空から一夜明け、今日は快晴です。
今日は以前から楽しみにしていたところへ行ってきました。
場所は千葉県旭市の東総運動場。08シーズンのJFLの前期14節、ジェフ・リザーブス対ニューウェーブ北九州の試合です。
 
旭市というのは千葉県の東端に近いところで、私の住む船橋市からも千葉経由で銚子方Nw005 面の電車で2時間は掛かります。近隣一体は広大な農村部です。Nw001
また、スタジアムへの駅からのアクセスは東総に限らず、不便なところがほとんどです。
バスなど1時間に1本とかが普通。
しかし、JFLはそもそもこういう地方開催がほとんどであり、スタジアムにたどり着くまでの苦労がまた楽しみとも言えるのです。
 
東総運動場は私がこのブログで書いている小説に出てくるスタジアムのモデルです。
そこで今回試合をするのがニューウェーブ北九州。
宮崎ショックボーイズ総統繋がりで知ったチームですが、某サッカー誌で取り上げられていたこのチームのサポーターの記事を読んで以来、このチームのサポーターにも会ってみたいという思いも湧いたのでした。
 
東総運動場に着くと、関東のヴォルティスサポーター仲間のマサトくんにバッタリ遭遇。
関東勢にはJFL好きが非常に多いのですが、まさか千葉の東端のここで顔を合わせるとはビックリでした。
ニューウェーブには元ヴォルティスの冨士が所属しています。
この日もスタメンで左サイドバックとして出場。
彼がどんなプレーを見せてくれるかも楽しみです。
 
ニューウェーブは現在リーグ6位。Jリーグ準会員申請も今年1月に行なっており、相手がジェフ千葉のリザーブチームということで結構注目カードです。 
ニューウェーブのサポーターはかなり熱心という評判を聞いていましたが、この日も遠地にもかかわらず、10人以上集結。
総統にメールで連絡を取り、中心的な人の情報を教えてもらいました。
そこでハーフタイムに話し掛けてみようと思いました。
 
Nw004 前半はジェフR優位に進みます。
ニューウェーブのディフェンスラインが不安定、かつスピード対応に難があったこと。
グラウンドコンディションが昨日までの雨で悪かったことなども影響し、16分までにミス絡みで2失点。
しかも、相手はトップチームのミラー監督が視察にきており、それもジェフRの選手達のモチベーションに影響したかもしれません。そりゃ頑張るよね。
一方、攻撃は形ができず、困難な状況で折り返しました。
 
ハーフタイム、サポーターのHさんに話し掛けてみました。
簡単な自己紹介と総統の話だけでしたが、男くさいサポーターらしさを放つカッコイイ人でした。
雑誌で写真は見てから是非会ってみたかったので今日の目的は果たしたも同然でした。
 
後半、ニューウェーブは攻勢にでますが、なかなかフィニッシュまでいけません。
しかし、ジェフRも前半と変わり、組み立てができず守備偏重になっていきました。
グラウンドコンディションも影響した可能性もあります。足も止まっていき流れはニューウェーブへ。
気がつくとミラー監督は既にいなくなっていました。
試合は2点差のビハインドのまま後半30分を回りました。
 
このままかなと思った矢先、元ヴェルディの佐野裕哉がゴール正面から1点決めました。
そして、ここからニューウェーブの怒涛の攻撃が始まりました。
そして、フリーキックからのセットプレーで同点に。
もう勢いは止まりません。
そして残り2分、再び佐野がゴールを決めて何と逆転!Nw003
ニューウェーブサポーターは大騒ぎです。
そしてそのまま勝利。
ミラクルな逆転劇でした。
 
冨士は積極的に攻守に動きました。
彼の実力ならもっとできるはずなので、これからも頑張って欲しいです。
 
昨日、厳しい思いをしたので、今日の晴天と、劇的なゲーム、楽しみにしていた出会いにいい週末が過ごせた思いです。
8年前、私は対戦相手として出会った栃木SCのサポーターに自分達と同じ匂いを感じました。
あの当時の私は仕事の忙しさでサッカーから遠ざかっていた時期から、わけ合って急に開放されたときでそういう匂い、ゴール裏の匂いに飢えていた時期でした。
Nw002 ニューウェーブ北九州のサポーターもゴール裏の匂いを強く放つ強い意志の集団でした。
あのころと今の私は違うので、彼らに同じ匂いを感じられたか確信はありませんが、今日の出会いが何かのいいきっかけになったらいいなと思います。
青空での下のサッカーはいいですね。
JFLの楽しさを満喫した日曜日でした。

|

« ひたちなかで突きつけられたヴォルティスの現実 | トップページ | ミッドナイト・オイル »

コメント

先日は本当にお世話になりました。男くさくかっこいい、そんなおれです。当方の同志より案内を受け、こちらのサイトにお邪魔いたしました。

お会いできた試合が、まさかあのような展開になるとは、ビックリクリクリ・クリトリーナでしたね。

冨士君は北九に加入以来、攻守にわたり非常に素晴らしい活躍を我々に魅せてくれてます。また彼の加入により、こうして新たなご縁を与えてくれてます。

また機会があれば、遠慮なく北九劇場にいらして下さい。そして1日も早く、徳島さんとの対戦を夢見てます。またいずれどこかで!

投稿: MAD(BRIGADE代表) | 2008年6月 3日 (火) 22時02分

こちらこそお世話になりました。
サポーターを長くやってますが、あれほど劇的な逆転勝利はあまり見たことがありません。
今週末は栃木SC戦ですよね。
栃木サポーターも来ると思いますが、黄色は栃木の色ではなく、北九州の色だと示してやってください。
またお会いできることを楽しみにしています。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年6月 3日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひたちなかで突きつけられたヴォルティスの現実 | トップページ | ミッドナイト・オイル »