« ヴォルティス移籍戦線異常アリ? | トップページ | 補強しました。 »

2008年6月22日 (日)

吼えろ!コータ

正直今朝になっても悔しくてムカムカする。
負けたことよりも、テレビの前で指をくわえているしかできないことに。
テレビでむかつく光景が映ってたんだけど、それは彼らが悪いわけじゃなく、むかつくオレが理不尽なだけで...。
解説の西村さんが試合後、厳しい状況でピンチなのだが、これをチャンスに変えないといけませんとか言っていたんだけど、ウチの奥さんが「中学生が言われるみたいなこと言われている。」と苦笑していた。
ちなみに奥さんは中学の先生。
笑えない。(-_-)
 
ネガティブなことばかり書いてもしょうがないので、何かポジティブなことを書こう。
やっぱり、菅原でしょう。
セレッソ戦のとき倒されて吼えてるシーンが映ったんだけど頼もしく感じた。
そんな菅原が初ゴールを決めた。
勇気を持って飛び込んだ玉乃も素晴らしかったけど、その勇気をつないでゴールを決めてくれた菅原に感謝。
まだまだ満足せず、貪欲にゴールを狙い、吼えて欲しい。
頼むぜ、コータ!!
 
試合内容では前半は理想的にできてた。
ここ数試合はずっとそうだ。後半はプレスが効かなくなり、自由にやらせすぎてしまうケースが多い。
昨日、日立台で柏とFC東京の練習試合を観にいったんだけど、寄せて奪うという意識が高いのが目に付いた。
どうしてもヴォルティスと比較してしまうが差は明らかだった。
ヴォルティスは寄せるだけになってしまう。
ここを何とかしてほしい。誰かが120%出さないと他も120%は出せない。みんな戦っているのはわかるが、もっとやってくれ。勝てないんだからそうするしかない。
さらに得点を奪う努力も必要。そこの部分はマジで菅原に期待している。
 
次だ、次!
半分、ヤケクソ。

|

« ヴォルティス移籍戦線異常アリ? | トップページ | 補強しました。 »

コメント

いつも読ませていただいております。私は絵を描いています。作家(プロ)をめざす若い仲間が、モチベーション高く制作している姿を普段見ているせいか、ヴォルティス選手(プロ)の試合に臨むモチベーションと日々の練習に向かう姿勢はいかなるものかと感じました。作家の奈良美智さんがアートで食っていきたいという人へのメッセージとしてこう答えていました。「どうやったらいい作品がつくれるかを考えるのがアーティストで口ばっかで練習しないスポーツ選手がだめになるように美術も同じで練習時間が多くなくちゃいけないと思う。」と。美術手帳インタビューより
私はサッカーも絵を描くことも大好きです。いいサッカーもいい絵も見ている人たちにメッセージが伝わるからそこに人が集まるわけで、技術云々じゃなく、どれだけ伝えられるかということなんだと思います。
菅原選手、玉乃選手、伝わってきました。私も、コータ一押しです!!

投稿: | 2008年6月22日 (日) 13時14分

今回は、負けてもゴールがありました。
ゴールしないことには、次に繋がらない。
その意味でも、コータありがとう!!
石田、オオシ(怪我の復帰は来月?)、
玉乃を中心にコータを含めて攻撃に厚みを
見せることに期待しています。
後半の「寄せて奪う」のうち「奪う」が
できてないことは、逆に「奪われて」しまうことが多い要因では?

前のコメントについて、同感です。
人に伝える重要性は仕事で痛感してます。
個人事業者の自分には、これが死活問題になってますので。

で、次ですね、次!
負けても今後は2点以上ゴールをめざして欲しい。
(自分も少しヤケクソ気味。。。)
そのゴールラッシュの間に、DFが踏ん張れば、
勝てる!
コータが牽引して、総力戦や!!

投稿: | 2008年6月22日 (日) 20時35分

コータの場合は、他の選手と違ってヴォルティスが最初のプロチームであることも影響しているかもしれませんね。

ヴォルティスを強くするのは正直簡単じゃありません。サカつくみたいにはいかないです。
だからこそ、なおさら観客に伝わるものがあってほしいですよね。
他のチームにはそれが伝わる選手がいるんですよ。
そういう選手を育てるのはサポーター、ファンの使命なんだと思います。
くじけず頑張らないといけないですね。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年6月22日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス移籍戦線異常アリ? | トップページ | 補強しました。 »