« 自分を超えられる者だけが生き残れる。 | トップページ | 一番悔しい負け方 »

2008年7月11日 (金)

舞浜から始まる夏

このブログではちょくちょくディズニーネタを扱っています。
昨年9月に書いた「ミラコスタホテルの歩き方」はいまだこのブログの記事ランキングにランクインしており、ディズニー好きが多いのだなあと感心しています。
今回はミラコスタホテルの姉妹ホテル、ディズニーランドホテルの話も含めたディズニー話です。
興味のある方だけどうぞ。
 
7月8日。去年もこの日に休みを取りました。
目的は同じです。私にとって夏の始まりを告げるものが始まるからです。
さて、それは...とりあえず後にして、今日は舞浜エリアでずっと話題になっていたディズニーランドホテルがグランドオープンする日でもありました。July08_001
お目当てのものがお昼過ぎなので、とりあえず記念にと行ってみることにしました。
 
あいにくの小雨模様でしたが、ディズニーランドホテルの中庭側の門の前には数百人のファンが終結していました。
July08_018 但し、この人達は宿泊しない人達。この日宿泊する人達は正面側エントランスでオープニングイベントに参加していたようです。
11時オープンと思っていたところ、10時半にホテルのキャストがミュージカル風に中庭に出てきました。
そして門が開かれ、ホテルの中にお客さんが招き入れられました。
July08_007 中庭側の入り口に向かって歩いていくと、2階のテラスにミッキー、ミニーらのキャラクターが出てきてお客さんをお出迎え。
その後、ホテル内に入りましたが、エライ混雑状態。
とりあえず、オリジナルグッズの売っているショップに入る列に並び、何点かグッズを買いました。Dhgz01 写真はチョコとコインケース、クリアファイルです。
もちろん娘へのプレゼントにTシャツも。
買い物をしたあと、ロビーを見学。
July08_021 高い天井の吹き抜け状のロビーはミラコスタホテルとアンバサダーホテルの中間のようなイメージでした。
 
さて、12時からお目当てのものがあるので早々にホテルを後にし、ディズニーシーへ向かいました。July08_029
お目当てのもの。橋の上には私と同じものを待つ人達が大勢いました。July08_030
カッパを着て...。
July08_031 そして、それは今年の夏もやってきました。
ハンパじゃない水を撒き散らしながら。
夏を運んできてくれるもの。「チップとデールのクールサービス」
これがないと私は夏が始まりません。July08_032
 
水撒きは何かと話題になっていますが、ここでの水撒きはハンパじゃありません。
完ぺきにずぶ濡れになります。
にもかかわらず、みんながそれを待ち望んでいます。
Sn340882 とにかく”楽しい”から。
このショーはそれが全て。
みんなが”楽しい”と思うから、みんなずぶ濡れになるのもオッケー。
”ミンナー、お水かけて欲しいですかー?”イエーッ!
みんなで望んで、みんなで思いっきりずぶ濡れになって、みんなで楽しんで、笑って、踊って、サイコー。
さあ、いよいよ夏の始まりです。
今回近くに行ったのに何故かあまり”水”が来ず、濡れずにすんだのに何か不完全燃焼感が...。
でもまた行くぞー!今度こそずぶ濡れだー!!
 
ディズニーシーではフォートレス・エクスプローションで新しく始まった「ザ・レオナルドチャレンジ」を体験しました。
地図に書かれたヒントを辿って、フォートレス内を探検してゴールを目指す参加型アトラクションです。
今回は2匹のリスに挑戦してもらいました。
July08_033 地図を手に入れたリス達は停泊している船を目指します。
そして船で見つけたヒントを手がかりに、次のヒントを目指し要塞内を探し回ります。July08_034
July08_035 不思議な絵を覗き、
不思議な怪物の石像を見つけ、
不思議な機械にも乗り、July08_042
トビラに隠された秘密を手に入れ、
そしてついに.....。July08_040
 
ちょっとネタばれですが、地図は何種類かあって、また”運”によって行き先が変わるので、毎回同じルートになることはありません。
またゴールも1種類ではありません。
でも、どの選択をしても最後にはゴールに辿りつけるので安心を。
小さい子供でも難しくないので、お子様のいらっしゃる方は一緒に参加してみるといいと思います。
私には期待していた以上に面白かったです。July08_043
 
July08_028 2008年夏、開幕!

|

« 自分を超えられる者だけが生き残れる。 | トップページ | 一番悔しい負け方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分を超えられる者だけが生き残れる。 | トップページ | 一番悔しい負け方 »