« 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ | トップページ | より一つになるための案 »

2008年8月 9日 (土)

ヴォルティスが勝てば幸せ

なんだかんだで怒号と絶望が大勢の人の中で渦巻いた1週間が終わり、いつものようにまた試合がやってきた。
やっぱり試合はやってくるから、またみんな希望を持って、気持ちを切り替え試合に挑む。
これはどんな調子の悪いチームであってもみんなそうで、やっぱり試合は楽しみだ。
 
自分が言ったフレーズが監督のブログに取り上げられていた。
そのフレーズだけが一人歩きしたとは思わないが、悪役の役目は少し果たせたかなと思う。
みんなの応援する思いは以前からもチームに通じてはいると思うが、我々は応援するしかないのでそれをもっと強く伝えるしかない。
まだ何かできること、やっていないことがあるのなら探したい。
 
とはいえ、甘くなる必要もない。
色々な意味でがけっぷちであることは変わりないし、堕ちるところに底があるわけでもない。
勝たなきゃしかたない。
もう相手は関係ない。
悩むな!とにかく戦えとチームには言いたい。
 
オリンピックが始まり、今日は「ママでも金」が目玉だ。
奥さんは教え子がレギュラーで出ている木更津総合の試合を楽しみにしている。
ヴォルティスの試合はスポーツ華盛りの土曜日でじつに小さな注目しか集めていないかもしれない。
でも、我々は今日の甲府戦を一番楽しみにしている。
仮に「ママでも金」が成し遂げらず、日本中が悲嘆しても、ヴォルティスの勝利すれば俺たちは幸せだ。
だから頑張れ!徳島ヴォルティス。

|

« 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ | トップページ | より一つになるための案 »

コメント

ほんとに私たちの気持ちは選手に届いているのでしょうか…。監督の気持ちも選手に届いているのでしょうか…。一部の選手の気持ちは伝わってきます。でもチームなんだから一部では…。私は大学院で絵画を専攻しております。絵描きはスポーツで例えると個人競技ですが、仲間と共に日々共同アトリエで制作研究に励んでいます。チームです。先生には絵を日々描き続けないやつが一人でもいるとアトリエの空気が濁ると言われます。私たちは個人で仕事をしていますが、悩んだりわからなくなったりしたら、仲間に聞きます。厳しい意見も言い合ったりまた励まし合ったりして日々頑張っているのです。どうか徳島ヴォルティスの選手たちには今こそお互いの気持ちをぶつけ合い、お互いを理解したり、自分の気持ちを理解してもらおうとしたりしてほしいです。しているのかな…。それから何よりも徳島ヴォルティスを応援している方たちのいろいろな思いを真摯に受け止めてほしいです。前にアワン渦帝さんがご紹介されてた関口コーチのように…。変なプロ意識はいりません!!

投稿: 絵描き | 2008年8月 9日 (土) 22時58分

コメントありがとうございます。
チームとして一つになるにはいいリーダーが必要だと思います。
今のヴォルティスでは倉貫選手でしょうか。
ただ、大所帯だと全員が同じ向きを向けるかはサッカークラブに限らず難しいでしょうね。

我々サポーターの言いたいことは選手、監督には届いていると思います。それがどの程度、またどのように理解されているかは確認のしようがありません。
しかし、以前はこの選手には伝わってないなと思っていた選手もいましたが、さすがに最近は危機感を感じているなと思えています。
ちょっと遅すぎですが。

絵描きさんが感じるもどかしさはJリーグチームを応援している以上、どこのチームのサポーターでも同じだと思います。
これはサポーターも含め部外者との距離を保つのは、暴力団対策等を含めた八百長防止のためだと思います。
だから伝わると信じて気持ちを伝え続けるしかないと思います。

私たちが関口選手と交流できた時代はアマチームでしたから、試合後帰る選手と自由に話ができました。今は上記のこともありそこまで自由にはできないし、こっちもそれを意識してあげないといけないかなとも思っています。

今季、ここまで色々言ってきて、いろいろ感情も変わりましたが、今ここに至って思うのは、応援し続けるしかないこと。
応援している自分を信じることかなと思います。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年8月10日 (日) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ | トップページ | より一つになるための案 »