« 悔しさは次節の糧に。 | トップページ | もっともっとスタジアムを沸かして »

2008年8月21日 (木)

一番嬉しい金メダル

オリンピックもだんだん大詰めとなっています。
なでしこは惜しくもメダルを逃しました。
野球は明日、韓国と決戦です。
そして、女子ソフトボール。悲願の金メダルを獲得しました。
おめでとう。
 
ソフトボールの変則的なトーナメントって何か違和感があるんだけど、今回はそのトーナメントのおかげで逞しくなれた気がします。
昨日、アメリカに敗れ、オーストリアとの3位決定戦では延長12回まで戦い、ギリギリの勝利を収め、そして今日。
上野投手は本当に凄かった。
昨日も2試合投げてるのに、今日再度決勝のマウンドへ上がり、そして1失点に抑える力投。
6回の満塁のピンチには手を合わせて「抑えてー、抑えてー。」と祈りながら見ていました。
昨日の2試合で日本ソフト代表は厳しい戦いを経験したことが今日の勝利につながったと皆さんも思いますよね。
確かにアメリカの方が強いかもしれません。強いでしょう。
でも金メダルは日本が手にしました。
そして今日の日本ソフト代表は金メダルに相応しい気持ちの強さを持っていたと思います。
今回のオリンピックのなかで一番嬉しい日本の金メダルかもしれません。
 
そうそう、宮崎ショックボーイズ総統が奥方殊勲の懸賞当選で北京に行ってきたそうなので、よろしかったら皆さん読んでみてください。
まだ今現在(21日PM11時)北京紀行は記事になっていないみたいだけど。

|

« 悔しさは次節の糧に。 | トップページ | もっともっとスタジアムを沸かして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悔しさは次節の糧に。 | トップページ | もっともっとスタジアムを沸かして »