« インターハイ・サッカー at レッズランド | トップページ | 繰り返し過ぎる”愚” »

2008年8月 1日 (金)

あまりに情けない。

「また負けたか。」と試合終了の瞬間、奥さんは言った。
自分も同じ気分だった。極めて冷静に試合終了を迎えた。
悔しい気持ちが沸き起こらなかったのは、試合内容、特に失点してからの戦いぶりが負けしかないと思わせる内容だったからだ。
愛媛にフラッグが渡ったが、フラッグが薄っぺらく見えて羨ましくないのは、フラッグの価値を自分達が貶めていると感じているからだろう。
単に話題作りであのフラッグが作られているわけではない。
メジャーなダービーとして全国に認知してもらいたい、そして四国サッカー界を盛り上げたいという、あの旗を企画した人達の思いがつまっている。
水曜の試合で、ヴォルティスはその思いを汲んでいなかったといわれてもしょうがない内容だった。
その思いを大事にして戦うことは、実は勝ち負け以上に大事なことなのに。
 
頑張っているのはわかる。
新しい外国人2人はまだフィットしていない中でそこそこやっていたと思う。
ソウザは確かに動けていなかったし、動かなかった。シュートも外した。
だが、ことさらソウザをやり玉にあげるほどではなかっただろう。それなりに相手には脅威になっていたはずだ。
負けたのは彼だけのせいではない。
 
しかし、8試合も勝利から遠ざかっているなかで、頑張っているからは甘過ぎだろう。
監督は練習しかないと言っている。
確かにそうだろうが、いくら練習しようと8試合も勝利から遠ざかっている現状では、いくらキツイ練習をしていようとも成果になっていないのだから練習をしていないのと同じだと思う。
試合にしたって同じようにやられている。
失敗から学べないのならそれはプロのスポーツとはいえないだろう。
 
私はいわゆるサラリーマンだが、仕事上で失敗したら2度繰り返さないように何か策を考える。
プロという肩書きをつけて仕事はしていないが、お客さんから見たらサービスや商品を提供する側はプロを求めるだろう。
これはどんな職業も同じ。
お客さんはお金を払って、それにふさわしい対価を要求する。それに答えるのがプロである。
サラリーマンだって色々な仕事があるが、失敗によってはお客さんに多大な損失を与えることがある。
社会問題になることだってある。
よく考えてみれば、サラリーマンは練習して本番(試合)に臨むなんてことはない。
仕事が始まれば常に試合中だ。一週間まるごと試合中である。
そのなかで、安定かつハイレベルな対価を要求される。
サッカー選手は、ヴォルティスの選手はどうだ。
練習、練習と十分に準備をしていながら、本番では失敗の繰り返し。
ここ2年最下位で今年も現在最下位、8試合未勝利。
お客さんにふさわしい対価なんて全然提供していない。
でも、お客さんはまた来てくれる。
ずいぶん甘い環境だよね。
そんな環境でプロサッカー選手ですなんて名乗って欲しくないよね。
お客である俺たちの方が自分達の仕事でプロらしいことしてるよ。
サラリーマン、公務員、商店経営、サービス業...みんな色々仕事してると思うけど、自分達の方がプロらしいと思うよね、今のヴォルティスなら。
 
残り試合、とゆうか残りのシーズン、練習も含めてどうするね。
俺たちに何をしてほしい。勝てるようになるために。
それともまだ自分達でなんとかできるのかい。
もはや、プロサッカークラブなんていう肩書きはズタズタだよ。そこからどう這い上がる?
 
逃げ出すとか辞めるとかは許さないよ。
そんなヤツは最低。
辞めてどっかのスポーツクラブのイケメントレーナーにでもなって女性客のアイドル目指すかい?
ふざけんな。
君らのプライドなんてズタズタだから、今さらそんなもの賭けられても困る。
お客さんにお金を払って自分達の試合を観てもらっているんだから、それに賭けて必死になって結果出してくれ。
 
今こそ徳島とか試合に行きたいよ。
はがゆいね。

|

« インターハイ・サッカー at レッズランド | トップページ | 繰り返し過ぎる”愚” »

コメント

 お久しぶりです。

 差し出がましいことを言うようで申し訳ありませんが、一言だけ言わせてください。

 そこまで、歯がゆい思いをされ、ホームの状況を知りたいのならば、実際に行くべきだと思います。

 現地の状況を実際に見なければ、ここでいろいろ言っても、説得力はあまりないような気がします。

 私は、もう「フットサル」どっぷりですが、徳島に4月に行きました。

 自分のホームである「北海道のフットサル」を見るのは、もう恒例で2月の「全道選手権(NHKノーストロフィー)」、そして、勤務の合間を見て、北海道フットサルリーグも見ます。8月末に行きます。

 そこで、現地の様子を見て、選手たちに話をしなければ、本当のことはわからないので。

 もちろん「Jリーグ」と「一地方のフットサルリーグ」という敷居の高低の差はあるかもしれませんが、実際に見てみないことには話は始まらないのではないでしょうか?

 一度、時間を作っていくべきだと思います。

 乱筆乱文、平にご容赦を。

投稿: ike | 2008年8月 1日 (金) 17時11分

お久しぶりですね。
いつもブログ見てます。旅行いかがでしたか?
歯がゆいのはもう少し力になれる余裕が自分にあればと思っているからで、残念ながら今の私には行きたい時に徳島へ行くという行動を取ることはできません。
その上でやれることをやろうと思っています。
それが中途半端であるというならその指摘は素直に受け入れます。

といいながら、こうやって貴方がコメントを書いてくださったことが友人として嬉しく思います。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年8月 1日 (金) 18時35分

少し補足をしますが、私はホームの状況がわからないので知りたいと思っているわけではありません。
ある程度はわかっているつもりですし、今のゴール裏をまとめてる人達とは面識もあり信頼もしているので不安には感じていません。
徳島に行ってもただ行くだけでは意味がありません。
私の話に説得力をつけるのが大事なのではなく、チームが強くなるために何ができるかが大事なので、そのために十分貢献できていないことがはがゆいのです。
それに行くべきときがきたら行きます。
私は”あの人”の仔ですから。

投稿: AWAN渦帝 | 2008年8月 1日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インターハイ・サッカー at レッズランド | トップページ | 繰り返し過ぎる”愚” »