« 一番嬉しい金メダル | トップページ | J入会予備審査とポカスタの椅子について »

2008年8月25日 (月)

もっともっとスタジアムを沸かして

アンドレジーニョの素晴らしいFKこそあったが、またもや勝利に届かず未勝利は12試合に延びた。
普通なら悔しさが募るだろう。悔しくなかったらおかしい。
だが、私はある意味で満足はしている。
満面ではないにしろ、お客さんを喜ばす試合ができたからだ。
アンドレジーニョのFKは軌道、時間帯、価値ともに賞賛に値する一発だった。
これまで「これぞプロ」というプレーが少なすぎた。勝利も遠ければ、お金を頂けるプレーも少なかった。
前々節の甲府戦の先制弾もまあまあだったが、そのあとの退場で台無しになった。賞賛どころか、懸命に応援したゴール裏サポーターを泣かすような試合をしてしまった。
だが今回はスタジアムを湧かせることができた。その点について嬉しく思っている。
 
但し、収穫がそれだけであったことも事実で、アンドレジーニョの個人技としての場面以外はいつもの通りのイライラする展開が続いた。
フォーメーションを3-3-2-2にしてして、アンドレジーニョとソウザの2トップにした。それはいいと思った。
途中から4-4-2になったが基本的に2TOPには影響はなかったと思う。
ただ、その後ろの列に問題があったのではないか。
3人目がゴール前に絡む回数が少ない、またはタイミングが遅いことでゴール前の迫力が不足していた。
倉貫、玉乃のどちらかがシャドー的にもっとゴール前に絡めば面白かったが、倉貫は組み立て役のためそこまではエリア的にキツイ。
玉乃はドリブルで崩す形の方が特徴のため、クロスに飛び込むには身長を考えても苦しい。
石田が最適に思えるが、石田を2列目に据えると倉貫へのマークがきつくなる。
石田には石田の良さがあるが、この日のフォーメーションでは2列目には向いていない。
中央前線に据えたソウザ。アンドレジーニョが1.5列目気味にDFとボランチの間のエリアから前を向いて仕掛ける。
ここまではいいのだが、それだけではアンドレジーニョが外した時や、岐阜戦でソウザと玉乃で得点した形でしかチャンスをモノにできない。
この辺は難しい修正点ではない。玉乃や倉貫クラスの選手ならばなおさらである。
次戦はこの部分で積極的にいって欲しい。
そうすればスリリングなゴール前シーンが増えて、もっとお客さんを喜ばすことができるだろう。
その先に勝利があるのはいうまでもない。
 
勝てなくても満足しているわけではない。
満足してしまったらサポーターとして選手に示しがつかないだろう。
だが、アウェイを含め試合の多くに足を運び、チームをよく知っているゴール裏サポーターならともかく、ホーム観戦がほとんどスタジアムに来なかったりする人や、テレビで観ることが殆どの人にスタジアムに来てもらうためには来てもらい見て貰う価値のあるプレー、選手が必要でただ勝つだけでは来てもらえない。
アンドレジーニョはそういうプレーをしてくれたし、そういうことができる選手である。
彼のゴールの価値をそういう意味で理解することは今の徳島でサッカーファン、ヴォルティスファンを育てる、増やす意味で重要だと思う。
そして次の試合、次のホームゲーム、次のダービーで価値あるプレーの上に勝利を飾って欲しい。
ここまで来たらどうにかこうにか勝つだけではなく、観ていて楽しく勝って欲しい。
順位とかのプレッシャーを過大に感じる必要はない。
観ていて楽しく、躍動的な戦いをしてほしい。

みんなにスタジアムに来て欲しい。だからスタジアムに呼べるプレーをしよう。

|

« 一番嬉しい金メダル | トップページ | J入会予備審査とポカスタの椅子について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一番嬉しい金メダル | トップページ | J入会予備審査とポカスタの椅子について »