« あまりに情けない。 | トップページ | 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ »

2008年8月 3日 (日)

繰り返し過ぎる”愚”

今日は4歳の娘に訊いてみた。
なんで白いユニフォームの選手は弱いのか?
「元気がないんじゃない。」
そうか、そう見えるのか。う~ん、言い当ててるようで、そうでないような。
 
それにしても毎度毎度同じやられ方をするってことはどういうことなんだろうね。
試合と試合のあいだをどう使ってるんだろうね。
問題を克服するために練習してるんでしょう?
その問題がいつまでたっても克服できないってことは、そもそもその練習の仕方で大丈夫なの?って思うよね。
なんか、自分達の抱える問題の根幹を勘違いしてるんじゃないかって思えるんだけど。
だからいつまでたっても穴がふさがらない。
で、ふさげてないからまたやられる。
 
解説者の人も言ってたけど、パスをつなぐにしろタッチ数が多すぎ。
全員そうだから、2、3人で繋いでいるうちに相手が戻りきっちゃう。
早くつなごうとすると、パスが逸れる以前にトラップできない。
それでもミスする位置が高かったり、ラインを割ったりするくらいならまだいい。
手数が掛かっても失敗したときのリスクが低くなるよう考慮されていてフィニッシュまでいけていれば、ポゼッションは高くなるし、シュートで終わることでリズムが作れるよね。相手に緊張感を与えることもできる。
 
気付いたことがある。
今日も失点する前はポゼッションして相手ゴール前に押し寄せてたんだけど、ちっとも勢いが加速していない。
クロスも淡白でフィニッシュにいけず跳ね返されるケースが多い。
ゴール前に迫るシーンでの意外性もない。
強引さがないから、守っている相手の緊張感が高まってあせることが少ない。
相手の体力をロスさせるような攻めになっていない。
で、そのうちにこっちがスタミナをロスしている。
そのうちミスをする。
 
今日は中盤でこぼれ球拾って、妙にいい調子でボールをちらし、いい仕事をしていたダ・シルバのミスパスがきっかけになった。
カウンターに出て加速する熊本。
そのスピードは徳島のそれまでのスピードより速かった。
これはそれまで攻め込んでいた時間で、遅い上に加速も嫌なプレイ選択もなく、相手のボディブローにならない攻撃を続けていたために、相手にスタミナを削れていなかったせいだと思う。
で、こっちは逆に攻め疲れしていたうえに、それまでの自分達のスピードに身体も頭も慣れきっていたため、自分達以上のスピードに急に晒されたときについていけず失点。
私にはそんな流れに見えた。
 
その後も全く同じで、同じ右サイドで相手の動きに後手を踏み、エリア内で麦が後ろから手を掛けてしまいPK。
3点目も同じ。
 
じゃ、なんで攻撃がいつまでもそんなふうなのだろう。
攻め方、気持ち、色々あるが根本的には全部だろう。
それを克服するためには、結局は練習、練習となるが、そもそもそのための練習になっていないのでは。
それか、練習しても克服できない選手達なのか。
克服できないなら、せめてリスクを減らすことを練習できているか。
それもできていないのか。
 
これ以上語っても疲れてくるだけだね。
話もまとまらないし。
 
試合中に現地のまるは氏に思わずこんなこと書いたメール打っちゃったんだけど、ここまできたらやってみてもいいかもね。
”ダンマクさかさまにしたら。”

|

« あまりに情けない。 | トップページ | 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あまりに情けない。 | トップページ | 神様と私 ~で、これからどうすんの?~ »