« 神様と私 ~総理辞任!じゃなくて、今季のインテルを語る~ | トップページ | なんかイヤな感じがするロビーニョ移籍 »

2008年9月 7日 (日)

ともかく次までに少しでも強くなろう。

今朝起きたら代表の予選まだやってたわけですよ。
あぁ、見よっかとテレビをつけたら3-0。残り5分。
オオッ!!と思ったら2失点。
いやあ、中途半端に応援しようとするとこんなこと起きるね。反省。
 
で、横浜FC戦。
試合開始直前の松本のトラブルで3バックから4バックにした影響がどの程度あったかはわからないが守備で腰が引けて見えた場面もあった。
失点のシーンうんぬんより、先に点をやってしてまうことをどうにかしたいんだけど、いい加減。
それでも40分に追いつけた。
 
ソウザとアンドレジーニョの2人についてはだいぶ特徴が見えてきた。
ソウザについてはちょっと難しい。
この試合も1点を決めたが、そのシーン以外で存在感がなかった。
前線でポイントを作ってくれるプレーは皆無で試合中殆ど消えているといっていい。
得点シーンでの動き、相手のラインのズレを見て動いたようだが、このときのように上手く”消え”てみせるのも特徴なのか?
だとしたら、そもそも期待している前線の楔になる能力は薄いということなのか?
それはそれで問題だ。使い方の根本に係わることになる。
このへんは復活した監督のブログで聞いてみたい。
 
アンドレジーニョについてはU-20セレソンの経歴に見合った能力は証明された。
メンタルの安定感に少し不安を感じるが、彼が来てくれて良かったと思う。
現状、これからの両面で攻撃について彼の存在は不可欠だろう。
守備を免除してやるためのFW起用が当たっているという監督のコメントには苦笑いしてしまったが。
で、今日の試合は正直、アンドレジーニョの交代が結末を決める大きなポイントの一つになってしまったろうと感じる。
 
もう一つ、試合を決めたポイント。
それは勝てない試合を続けていた両チームの選手の執念の差だったろうと思う。
解説の西村さんの言っていたことでもあるし、こういう試合ではまるでマニュアルにあるみたいに使われる表現であり、執念の差なんて言葉で括るのは好きじゃないんだけどそう思わされるシーンが決勝点シーンにあった。
クリアボールをカットしてサイドを突破した池元、そのときヴォルティスの選手は付いていけず振り切られた。
そしてクロスボールに対し、全身のバネを振り絞り長い滞空時間のヘッドで合わせた難波。
それに高さで追いつけなかったヴォルティスの選手。
思っている以上に大きな壁があることを突きつけられたような気がする。
しかし、それに気付かずに終わったとしても勝ちたい試合だったし、勝てた試合だった。
残念ではあるが、今日の試合を選手達が糧にし、次の試合今日よりさらに強くなって勝ってもらいたい。
 
もう一つ気になったのはゴール裏の歌に対するメインスタンドのリアクション。
以前、ヴォルティスの試合ではゴール裏の歌のリズムにメガホンを叩いて合わせるのが聞き慣れた光景(?)だった。
今日あらためて気にしながら音を聞いていると、メガホンの音が聞こえてこない。
そう思っているとメガホンを叩いている曲もあった。
1試合注意していただけでは結論は出せないが、メインを取り込む応援を考えるときのヒントになるまいか?
メガホンを叩くことについて嫌いな人はいるかもしれないが、テレビで見ていると結構迫力があった。
特に応援に厳しい前提はない徳島なら、スタジアムの一体感を出す意味では活かす手はないだろうか?
試合後半、数が少ない横浜の応援の声が徳島の声を凌駕してテレビから聞こえてきたときはちょっとショックだった。
今この時期に応援のスタイルに手をつけるのは得策ではないので、これは来季を考えるときでいいと思うけど。
 
横浜FCの選手、サポーター、両方からいろいろ突きつけられた現実があったけど、ともかく次の試合までに少しでも成長するしかないね。

|

« 神様と私 ~総理辞任!じゃなくて、今季のインテルを語る~ | トップページ | なんかイヤな感じがするロビーニョ移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神様と私 ~総理辞任!じゃなくて、今季のインテルを語る~ | トップページ | なんかイヤな感じがするロビーニョ移籍 »