« 運命の明日は誰に微笑む? | トップページ | 神様と私 ~いくさ、終わりて...~ »

2008年11月30日 (日)

神はロックに微笑む

ややこしくて、ワクワクして、イライラして、そんな思いをしたサッカー好きがたくさんいただろう。
日本の南の果てで、北陸の地で、常陸の地で多くの泣き笑いがあった一日だった。
 
最初に開戦したのは石垣島で。
無敵ロックことホンダロックSCは町田ゼルビアとの試合に挑んだ。
JFL昇格を確実にするために勝たないといけないロック。
しかし、前半で2失点。
後半1点返すものの1-2で敗れた。
最大の扉を開き損ねたロック
そして、ロックの運命はこの後の石垣島での長崎-山口の試合、そして富山-岡山、流経大-鳥取の試合結果にゆだねられることになった。
 
一足先に始まる長崎-山口。山口が勝利したらロックの昇格はない。
スコアレスのまま前半が終わり、そして石垣島の後半開始と同時刻にJFLの2試合も動き出す。
そのまま40分近く静かで緊張する時間が続いた後、後半40分に長崎が先制、そのまま終了。
ロックは別の小さな運命の扉の一つをくぐる。
 
しかし、この時点ではまだJFL昇格の可能性は低い。
もっとも可能性の高くなる結果は岡山の4位以上確定が必要だった。
最初に動いたのは富山。後半4分に先制する。
マズイ流れ。
しかし、ここからまた流れも変わる。
流経大が先制する。そして同時刻に岡山も追いつく。
そしてさらに流経大が突き放す。追い詰められる鳥取。
そして今日の全てが終わり、ロックはさらに別の扉もくぐり、どうにか最初に開くはずだった扉の向こうの風景が見える場所まで辿りついた。
 
仕事中の総統とまるは氏に逐一状況を報告していたが、総統からもどうやら目指した土地に辿り着けそうなことがわかった。
実際は12月9日に詳細が決まると思うが、来季は総統のすべき仕事は増えそうだ。盟友である私の仕事も。
 
岡山、ありがとう。そしておめでとう。
流経大、ありがとう。
ちゃんぽん、一応ありがとう。

神は岡山に微笑んだのではない。
神は鳥取を見放したのではない。
神はちゃんぽんに微笑んだのではない。
神は...ロックに微笑んだだけさ。

ショッカー総統 革命的日記

|

« 運命の明日は誰に微笑む? | トップページ | 神様と私 ~いくさ、終わりて...~ »

コメント

とりあえず鳥取に行かなくて済みそうでホッとしたJ2サポは俺だけではないはず(笑)

投稿: まるは | 2008年11月30日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運命の明日は誰に微笑む? | トップページ | 神様と私 ~いくさ、終わりて...~ »