« 社長辞任の今が動くとき | トップページ | 最近気になるサッカーネタ、再び。 »

2008年11月 4日 (火)

最近気になるサッカーネタ

この週末は天皇杯サッカーを観に行きました。
柏の葉で柏レイソル対ザスパ草津を観戦。
先日戦ったザスパのサッカーを見たばかりなので、その特長がどうJ1チームに通じるのか?興味深く見ていました。Hi3d0041
結論からいうと、やっぱJ1とJ2は違うなあと。
ザスパ、狙うサッカーが殆どできませんでしたね。
決定機は何度か作ったんですが、プレスがきつくて中盤が試合を作れませんでした。
守備面でも個で優るレイソルに押されるシーンが多く、何とか守り続けていましたがボディブローのようにレイソルの攻勢が効いてきているのが見えました。
一人退場者が出た後はますます守備一辺倒に。そして菅沼にスキを突かれるように飛び込まれゴールを決められ...。
熟成してきたザスパがああですから、ヴォルティスの今の位置を比較推察してみるとちょっと心が重くなります。Hi3d0042
ですが、やんなきゃね。
 
新社長はまだ決まっていないが、新しい社長がプロサッカークラブとはどういう使命を持ったものなのか?何が最も大事なのか?サポーター、ファンとはクラブにとってどういう存在なのか?それをどう理解しているかが今は気になっています。
高本社長のインタビューも読んで、なんか納得できない部分が多かった。
「この4年間で基盤を作り...」
どの業界でも今はスピードが求められる時代において、基盤作りに4年も掛かるなんておかしくないか?
4年も掛けて作った基盤で具体的に何よ。TSVのこと?
だとしても、チーム、フロントを含めた人材強化は明らかにスピードが遅く、それがチームの成績に強く影響したのは否定できないでしょう。
練習場整備しても、選手獲ってくる人材が去年までははっきり言って素人だった。
これじゃ意味ない。
その間に失ったもの、傷つけてしまったものの方が多いだろ。
「これからどうチーム強化に投資していくか?」
これも同じ。
もっと経営にスピードが欲しかった。
 
そんなヴォルティスと来年戦うことになると思っていた栃木SCが苦しんでいます。
JFL後期第5節ジェフリザーブス戦からリーグ戦の勝ちに9試合見放されている。
前期41点挙げた勝ち点が、後期は13試合経て14点。
1位HONDAとの勝ち点差は11に広がり、確実と思われていた優勝は困難な状況。
試合を見ていないので詳しくはわからないが、苦しい時にチームを引っ張れる存在がいないのかなと思う。
実は現役時代の柱谷幸一選手はそういう選手だったんだけどね。
ライバルの状況も気になる。
岡山と富山がすぐ背後に。その後ろには鳥取も迫っている。
財務状況の改善はとりあえず置いといて、4位以内は死守しないといけないがどうだろうか?
岡山は日程的に一番キツイ。富山は少しマシだが、この両チームは最終節に直接対決がある。
そしてガイナーレは対戦相手に一番恵まれている。J昇格を目指すチームとして確実に勝たないといけない相手ばかり。
となると...。
栃木は岡山と直接対決を残しているが、その前の水島、アルテの両対戦に全力を注ぎ勝ちを得れば4位以内はOKだろう。
特に次の水島戦。
ここが最大のヤマではないだろうか。
 
話は地球の裏側に唐突に飛ぶが、ASローマが苦しんでいる。
現在4連敗中で17位。
地元の新聞に「俺たちをセリエBに連れていくつもりか!」とか書かれてしまっている。
トッティは負傷がちだが、それでもこの成績は説明がつかない。
欧州でも屈指の面白いサッカーをするチームなのになあ。
その一方で、ここ数年の問題が何も解決していないのにミランが首位に。
なんでベッカムが要る?ま、いいけどさ。
インテルはモウリーニョのサッカー浸透に時間が必要な様子。
アドリアーノもとっとと謝ってしまえばいいのに。

|

« 社長辞任の今が動くとき | トップページ | 最近気になるサッカーネタ、再び。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社長辞任の今が動くとき | トップページ | 最近気になるサッカーネタ、再び。 »