« ホーム最終戦は拍手で終わりたい。 | トップページ | 燃え上がる週末サッカーあれこれ »

2008年11月24日 (月)

ちょっと早いが、来季に向けて。

静かなる意地というのだろうか、絶対に勝つという気持ちが冷静に貫徹されたような気がする。
今季ホーム最終戦は、いままで幾度ともなく見たが結果に結びつかない”気持ちだけは押している”試合展開ではなかった。
要因と思えることの一つはむしろ攻撃面にあった気がする。
ソウザが先発で起用されたが、彼の位置でボールキープができてさらに展開が広げられたことが、全体の押し上げにつながり、相手選手をより多く、長く自陣に押し込むことができた。
結果として相手の攻撃を単調にさせたと思う。
それから守備での出足も早かった。囲い込み、プレスとも鋭く継続できたことで鳥栖に殆ど自由を与えなかった。
さらに前述のソウザが守備面でも貢献していたので、前半は攻守とも素晴らしい内容だった。
ただ、後半ソウザが守備にいかなくなると、中盤で簡単に前を向かせる場面が増えて鳥栖にペースを与えてしまった。
鳥栖が度々決定機を外していなかったら逆転されていたはずで、ラッキーだったことは否めない。
とはいえ、勝利は勝利であり、最終戦なので課題などと言うのは野暮だろう。
 
まだ、広島戦が残っているとはいえ、実質今季は終わったといっていい。
ドゥンビアの離脱が非常に大きなダメージとなったことで今季も残念な結果になったが、ただ徳島ヴォルティスのサポーター全体としては大きな成長があったシーズンだったのではないか?
皆がいろいろ考え、今季ほどいろいろ話をしたシーズンはないと思う。
長い低迷ながら、決して短絡的な行動にはでなかった。これは誇るべきことだと思う。
ちらし配りや、初心者サポーターシート等、チームへの貢献度もとても高い。
クラブのフロントはもっとこれを評価してもいいと思う。都合の悪い指摘は「みんなで一緒に盛り上げるのが...」という都合のいい言い訳で排除しようとするのでは非難を受けてもしかたないだろう。
そして選手達、監督、スタッフ。精一杯頑張ってくれたと思う。
ありがとう。
 
この後広島戦までには2週間あり、その間に戦力外通告があるはずである。
他チームからのオファーもあると思う。
だが、他チームでも魅力的な選手で来季が不透明な選手がでてきている。
来季、というより12月からのフロントには是非魅力的で出来うる限りでいいので納得のいく来季体制作りをしてほしい。
それから、我々との対話もお願いしたい。
”サポーターはこうあるべき”などと、サポーター経験のない人から枠を押し付けられるようなことは勘弁してほしい。
ゴール裏だけでなく、メインスタンドやバックスタンドのファンとも対話してほしい。
それが来季チームを強く、そして愛されるチームにすることになる。

|

« ホーム最終戦は拍手で終わりたい。 | トップページ | 燃え上がる週末サッカーあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーム最終戦は拍手で終わりたい。 | トップページ | 燃え上がる週末サッカーあれこれ »