« 宴の夜 | トップページ | もうすぐ今年も終わり。 »

2008年12月17日 (水)

来季はチャンスじゃねえのか、と思う。

美濃部監督の来季続投が決まったことでひと安心しています。
徳島ヴォルティスに必要なのは継続です。
てゆうか、草津戦の帰りに偶然会った草津の植木監督も「ヴォルティスはどうしたらいいですかね」という質問に対し「続けることだよ。」と答えてましたからね(本当!)。
いやいや、ホントに歓迎しているよ。
改革と継続。
これを上手く組み合わせることで、少しづつ確実に良くしていくこと。
結果を求めることも大事だけど、結果を出させるために我々が何をするかだね。
常に何か考えて、少しでも力になることを続けないとね。
採点役だけやりたがるようなヤツはいらないよ。
俺らは来年も行動する。
 
15、16日の両日、大阪の長居スタジアムでJリーグ合同トライアウトが行われました。
15日は岐阜以東のクラブ、16日は西のクラブと分けられていたようで、ヴォルティスを退団した選手は16日に参加しました。
ヴォルティスからは塩川、岡本、伊藤を除く12人が参加。
参加した全121名の内から何人が新しいクラブを見つけられるのか?
そして、このうち何人かは来季ヴォルティスでプレーしているはずです。
 
今回は個人的な思い入れで、トライアウトに参加した選手や、放出選手リストなどから気になる選手を何人かピックアップしてみようと思います。
 
まずはGK。
一番必要なポジション。何せ今一人もいないのですから。
まるは氏が気にしているのがシュナイダー潤之介選手(仙台)。
技術レベル的には十分に高いものを持っているが、今季は公式戦には1度も出場できず、サテライト戦でも6月29日出場を最後にベンチにも入らなくなった。
試合感が気になるとはいえ、彼はキャラクターはいいので加入してくれると嬉しいなあと思います。
他にも、セレッソの山本浩正選手は前所属が大阪のクラブで徳島と地理的に近いこともあるので注目しています。
個人的にはヴェルディの土肥洋一選手が最大の注目ですが、トライアウトに参加していないところを見るといづれのクラブから既にオファーを貰っている可能性が高いと思われます。
他にはマリノスの高桑選手(今回不参加)なども加入してくれれば、チームの精神的支柱になってくれると思うのです。
 
次にDF。
岡山一成選手(仙台)のキャラが注目されていますが、私は彼の得点能力の高さもとても評価しています。
でもDFなんだけど、守備にちょっと不安を感じますね。
岐阜にいた深津選手なんかはちょっと気になりますね。
センターバックに人に強い選手が欲しいですよね。このポジションは経験あるベテランが長生きできるポジションでもあるので札幌の西澤選手もいい。
希望は、参加してないけどヴェルディの萩村選手。
あ、なんか身近に見てた人が多いけど気のせいよ。
あ、あと横山文也くんも忘れないでね。まだどこからもオファーないのかな。人には強いよお。
鳴門の石川君もいたね。
 
次、中盤。
ボックス型の4か、5と考えたときボランチなら守備力が高い選手を倉貫のパートナーに置きたい。
とはいえ、一言でそういっても難しい。外国人を充てたいけど。
大宮の佐伯選手なんかはどうだろうか?
あとは名古屋の米山選手。
京都の石井選手はミノさんルートで目があるだろうか。
攻撃的なポジションは、倉貫のスタイルに合致する選手がいい。
山形の本橋選手とかかな。
前回記事でも書いたけど甲府の宇留野選手。トライアウトに出るってことは続ける意志とコンディションがあるんじゃないかね。
彼の能力は評価できるんで希望度高し。FW扱いになってるけど、ウィングもできるし、組み立てもできる。
あとはトライアウトに参加してないけど、ヴェルディの大野選手。
彼を王様に据えたチームをもう一度見てみたい気がするんだけど、彼のコンディション(古傷)の具合はどうだろうか?
 
最後、FW。
石田のパートナー、石田を活かせる選手が欲しいですね。
大宮の森田選手。ヴェルディ船越選手。
絶対彼等の方がいいと思うけどね。(誰と比較して?)
外国人だとアピール度高いかな。ソウザもやっと馴染んできたけどね。
 
まあ、いろいろ書いたし、他のチームのレギュラーにオファーしてくれとか質問状にも書いたんだけど希望通りにはいかない。
前の所属チームでの待遇と、ヴォルティスで提示できる条件に落差があれば、税金の都合とか生活レベルとかいろいろ障害があるだろうしね。
ただ、エルゴラの最新号に出てたけど、このチームがこの不況のなかでも積極的に投資しようとしている姿勢は大きなアピールになると思うんだよね。
今の不況って、90年代中期以上なんじゃないかってくらいのドス黒くて大きな黒雲のような存在でサッカー界にもいろいろ影響を与えると思う。
既に影響を受けてるとこもあるしね。
そのなかで、ここまで比較的堅実に経営してきたことが、ここにきて活きるんじゃないかと思う。
いまさらながら高本さんに少し感謝してしまうような気もする。
来季はヴォルティスにとってチャンスだと思うよ。今日そう思ったね。

|

« 宴の夜 | トップページ | もうすぐ今年も終わり。 »

コメント

継続は、力ですね。
石田と大島が来年2009年に点取り合戦してほしいです。
それに加え、新人や移籍組の決定力を期待してます。
外国人頼みは、必要ないでしょう。
和製チームで5点取った試合もありましたから。

投稿: | 2008年12月31日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宴の夜 | トップページ | もうすぐ今年も終わり。 »