« あけましておめでとうございます。 | トップページ | キッザニア東京に行ってきました。 »

2009年1月 3日 (土)

壁を越える、越えてもらうために努力する。

あけましておめでとうございます。
とゆうわけで、今年実質1本目の記事にします。
 
2009年は徳島ヴォルティスにとって再スタートの年です。
何年再スタートを繰り返すのかと言われてしまいますが、毎年失敗を繰り返している以上毎年再スタートになるのは当たり前です。
それに、どこのチームであれ体制が変われば前年の成績の如何にかかわらず再スタートになりますから大したことでもありません。
しかしながらテーマと目標というのは的確なものでなければならないでしょう。
私が考える2009年徳島ヴォルティスのテーマ。あくまで私が考えるテーマですよ。
それは”壁を超える”です。
色んな意味に取れて如何にも抽象的ですが、ここでいう壁は選手、フロント、サポーターそれぞれの間にある壁、あるいは選手がワンランク上にいくための壁、サポーター同士の中にある壁、これらを越えてより上のレベルへ、より強い相互理解へあがっていくことです。
 
この考えに思い至ったきっかけを紹介しようと思います。
それは先日の元旦、国立競技場でのことでした。
決勝に進出した柏レイソルのサポーター席に一人の元選手が来ていました。正確には元所属選手ですが。
岡山一成選手。
彼がどんな選手であるかは説明は不要だと思うので省きますが、「岡山劇場」と呼ばれるサポーターとのコミュニケーションは柏では名物でした。
「岡山劇場」は彼が川崎フロンターレ在籍していた時がルーツですが、柏時代はサポーターとの「日立台劇場」でまたも有名になりました。
そんな彼は昨年途中に仙台に移籍。
柏に心残しながら、選手としての自分のために移籍を決断したようです。
仙台でもサポーターを愛し、愛されて過ごしました。
そんな彼は元旦の国立の柏ゴール裏に現われました。
試合直前の盛り上げでお立ち台に”乾杯”の音頭役として「仙台からお越しになりました岡山一成様です。」として紹介され登壇。
「無職の岡山です。レイソルのことする前に自分のことをしろと言われましたが、今日一日は石崎の親父のために...、柏レイソルと共に歩んだ石崎をオトコにしてください。」
というように拡声器で叫びました。
その後、岡山選手はゴール裏のいわゆる”爆心地”の最前線でサポーターの一人として跳ね、叫び、歌い、戦っていました。かなり寒そうにしてましたが。
私はあそこまでする人をみたことがありませんでした。
もちろん、仙台または他のクラブ所属になっていれば、あんなことはできないと思いますが、選手としてのプライドもあるでしょうから、あそこまでできる選手はそういないのではないでしょうか。
 
彼は”壁”を超えていました。
 
ささいなことです、世間的に見れば。
でも、私たちのようなサポーターという人間にとっては大きなことです。一つの目標点でしょう。
それだけでも柏レイソルとレイソルサポーターは一つの勝利を元旦に勝ち取ったのではないでしょうか。
 
我々ヴォルティスサポーターが超えられる”壁”は何でしょう。
そしてクラブが超えられる”壁”は?
選手が超えられる”壁”は?
そのためにサポーターできることは?その方法は?
 
考えて、努力して、”壁を超える”。
徳島ヴォルティスを勝てるクラブにすることはテーマの重要な要素ですが、それだけではテーマは満たせません。
岡山選手のように”壁を超える”選手を作ることができるようにしたいです。
簡単ではないでしょうけど、取り組む価値のあるテーマです。
 
そして目標は?
具体的にはまだわかりませんが、なるべく高く持ちたいですね。
 
上手くいくかはわからないですが、努力したいと思います。
今はそんなとこですね。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | キッザニア東京に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます。 | トップページ | キッザニア東京に行ってきました。 »