« キッザニア東京に行ってきました。 | トップページ | 動き出す2009ヴォルティス »

2009年1月10日 (土)

今年の移籍戦線

この週末に再び新加入発表の波が来て、来季の顔ぶれがかなり決まってきました。
 
GKには高桑選手が横浜Fマリノスから加入。2ndから昇格の阿部選手と2人決定。
あと一人、どうもかなり確度の高い情報があるようですね。
今季はこのトリオで行くようですね。
 
DFはセンターの補強がこの週末にあり、ぺ・スンジンと石川くんが加入。
石川くんの加入で、私が推していた鵬翔)横山くんはなくなったと思いますが、彼も評価の高い選手。
地元からの加入でもあり、むしろ彼を選択する方が正解と言えるでしょう。
ぺ・スンジン選手はおそらくスタメンになるでしょう。
パートナーが登尾選手なのか、それともウワサにあがっている選手なのかはわかりませんが、現時点ではいい補強ができていると思います。
サイドバックはまだまだ層が薄く不安要素があります。三田、藤田が現時点でチョイスでしょうが、大学新卒組がここに食い込むのか。
ウワサの選手が加入してもまだ層に不安があるここをどう充実させるかはシーズンまでの重要課題になるのではと思います。
挽地選手を回す可能性もありますね。現状はそれが安全策かもしれませんね。
ま、それでも昨季8人から6人退団入替えになったのですから、そんな簡単には充実しませんわね。
 
MFは昨季の顔ぶれが結構残っています。
ここに新加入の徳重選手がどう攻撃に絡んでくるのか。
徳重選手がチャンスメークの鍵になるのは確かでしょうから、実質MF陣の層は厚くなったと考えていいかなと思います。
玉乃選手の穴を意識する人がいると思いますが、私が見ていた限りでは、個の技術はあるが必ずしもチームの形に噛み合っていなかったと思っているので、そう穴は大きくないかなと思います。
 
FW。
前述の徳重選手の加入はかなりおおきいでしょう。
彼の加入によって倉貫選手のプレーはより効果的になるでしょう。
個人的にはデンソー時代に活躍しセレッソ入りしたときのことが思い起こされ、JFL出身として今も頑張ってくれている彼には何か同士的な感情があって加入はとても嬉しいです。
後は彼のパートナーとして誰が抜け出すか。
石田、大島、林、菅原、佐藤、大西、そして羽地、みんな特徴が違うので組み合わせたときに現われる効果は面白そうです。
但し、それは彼等がコンスタントに特徴を発揮できてこそ。
昨季はその点ではみんな及第点ではありません。
あるいは誰かもう一人くるのか?
 
ここまでの補強としては顔ぶれとしては、贅沢すぎずいい顔ぶれを揃えているなあと思います。
J2の中ではかなり積極的に動いているのは事実だと思います。
他のチーム、特に対戦が重要なチームの動きはまだ加入の動きは本番ではないようです。
愛媛は柴小屋選手、ジョジマールの加入がいまのところのメインでしょうが、ジョジマールは一昨年いた選手。
草津は鳥居塚、秋葉、ペ、島田の退団を埋める加入が今のところありません。とりわけ島田選手は痛いのでは。
岐阜は財政状況もあり、昨季26試合以上に出場した選手が7人退団するという状況。こちらは補強は大変でしょう。
熊本は高橋選手の移籍退団がかなり大きい。
昇格組では岡山も大きな補強は未だ無く、富山にいたっては全くなし。
栃木は栗原、若林らが加入、だが一番の補強は監督だと思います。松田さんがどう昨季後期苦戦した栃木をJ2で戦わせるか次第でしょう。
ヴォルティスは3年連続最下位なので他のチームの補強うんぬんを語るのはちょっとおこがましいですがね。
 
まあ、それは置いておいても、退団した選手に対し、加入する選手がJ全体でも少ないですよね。
この年末に一気に高まった不況の影響も無関係ではないでしょうね。
そういう意味では、積極的に補強に動いたヴォルティスは特異なのかも。
 
今までって、選手は自分達より稼いでるんだろうなってずっと思ってた。
もちろんJ1の選手って殆どそうだと思うんだけど、J2になるとそうではない、特にこれからはその傾向が強くなりそうですね。
自分自身だって将来どうなるかわかんないしね。それでもかなり恵まれてるとは思うけど。
リーグの戦いにだけに集中できない時代がくるかもね。
それが不安。
 
こんな不況の中、買ったばかりのフェラーリぶつけてオシャカにしたくせに怪我一つしてない(本当かね?)クリロナくんは凄いね。
あの壊れ具合で何ともないって凄い対ショック性だね。
笑ったのは地元警察のコメントで「事故当時少なくとも時速30マイル(約48キロ)は出ていた。」ってやつ。
330キロ出るフェラーリでしょ。
50キロ以下で走り続けたらエンジン傷めるんじゃね。
世の中は極端。

|

« キッザニア東京に行ってきました。 | トップページ | 動き出す2009ヴォルティス »

コメント

 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 個人的には、H君と時限絶縁の道を選んだりと大変な昨年でしたが、今年はいろいろと新しい出会いがあり、仕事でもプライベートでも、新展開がありそうです。

 さて、徳島です。

 徳重選手は、「デンソー対大塚製薬」でも対戦してますし、「C大阪対徳島」でも対戦しています。しかも、徳重選手は古橋選手と同じ「JFLからJ1に移籍し、ある程度結果を出した」選手です。

 敵から見た「徳島の長所も短所も」知り尽くしているし、GK以外はそれなりにどこでもできる選手ですから。相当に大きな補強だと思います。

 ただ、倉貫選手と徳重選手に「生かされる選手」と、彼らを「おとりにして生かす」選手が、昨年までの徳島にいた選手で出てこないと、思っているほどのレベルアップは望めないと思います。

 そういう意味では、昨年からいる徳島の選手の真価と進化が問われる一年になるでしょう。

 一方、東京も地味ながら確実な補強ができて、ホッとしています。福岡から中村北斗選手が入ったのが、一番のヒットですね。あとは、水戸の平松選手。センターバックらしいのですが、ちょっとデータがないので・・・。

 あとは、伊丹高校から入る米本君に期待します。

 本吉さんも長嶋さんも元気ですよ!あ、「男・城福」も元気に声を枯らしてます(笑)。

投稿: ike | 2009年1月11日 (日) 12時13分

あけましておめでとうございます。
 
>倉貫選手と徳重選手に「生かされる選手」と、彼らを「おとりにして生かす」選手が
>昨年までの徳島にいた選手で出てこないと、思っているほどのレベルアップは望めないと思います。
 
うん、まあ、おっしゃるところはわかります。
でも、まだそういうことを語るのは早いかな。
まだ、どんなサッカーにするかのイメージも湧かないですからね。
正念場なのは去年から残った選手だけじゃないですよ。選手以外もみんな同じ。
それに、これだけ顔ぶれが変わったら、応援してるこっちだって長所も短所も変わっちゃってわかんないですよ。
だから逆に楽しみなんだけど。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年1月11日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キッザニア東京に行ってきました。 | トップページ | 動き出す2009ヴォルティス »