« 監督の返事 | トップページ | 総統戦 第2ラウンド後攻 »

2009年2月16日 (月)

J2チームの存在意義(続き)

JFLホンダロックのサポーターである盟友宮崎ショックボーイズ総統とのブログ上の討論はお互いの記事上で意見・反論を一通り述べ合い、望むべく討論の形にはなりました。
お互いの考える部分では相反して歩み寄れない部分は当然あるわけで、それは仕方のないことです。
別に潰しあいしているわけじゃないですから。
持論だからね、お互いに。
ただ、お互いの記事のコメント欄で討論してしまうと周囲から全体が見えにくくなるし、コメントの部分部分を取り上げての回答になってしまうのは内容とは別に討論が小さくなるきっかけにもなるので、一度こちらで記事にし直してみた方がいいと感じました。
 
J2の財政的に規模の小さいチームは無理に昇格など狙わずにJ2で育成型のクラブを目指すのが生き残る唯一の道である。
地域によってどんなに努力しても限界があり、借金まみれになって昇格を目指すより、育成技術のあるチームになりJ1で試合に出れない若手の受け皿となり、慎ましくそれでいて地域に愛されるチームになれ。
昇格だけが幸せではない・
ということが総統の言わんとするところなのかな。
 
言ってることはある意味正論であることはわかる。
借金膨らませてJ1に上がっても、降格したときに厳しい状況を招くのは何度も前例があるしね。
そもそもプロサッカーって儲かる事業ではないしね。
 
でもさ、努力や成長を目指さないやつに将来がないのは本当よ。
自分は社長目指してないけど、それでもそれなりに努力したから今の生活があると思うし、これからも努力しないとそれを守れないとも思うよ。
だから戦後の焼け野原から日本はここまで復興したわけで、戦争に負けた後、そのままで幸せを求めようなんて誰も思わないからここまできたんじゃない。
極端な例だけどね。
それに俺はJ1を目指さないと努力していないとまでは言ってないよ。
育成を進めるのもいいけど、それでも自分達のブランド価値を勝つことで上げる努力もしないとダメだということよ。
レンタル選手借りて育てて帰す、でもチームの成績は度外視では片手落ちだよ。
まあ、実際は育成型やっても育成もしつつある程度は勝つとは思うし、それがレンタル元の評価になると思うけどね。
 
誤解かもしれないけど、「J2チームはどうせ無理なんだから」という冠詞が付いた上での持論みたいに聞こえるのがよくないんじゃないかなと思うんだよね。
育成型を目指すのは正直妥当な選択肢だとは思うよ。
でも、他の選択肢や、並行させる手段もあるのも事実。
そこが論拠が甘いと考える理由だね。
それに山形だっていつのまにか昇格したわけじゃないし、現場レベルでも色々努力はしたから昇格したと思うんだよね。
そこも含めてるんだけどね、俺の場合。

あと、現実見ることばかりで夢語れなくなったら終わりだと思うんだよね。サポーターとしても、人としても、親としても。
 
今回は最初にも書いたけどお互いの記事のコメント欄でコピペ使って議論しちゃうのはマズイなと思ったんで改めて記事にしなおしました。

|

« 監督の返事 | トップページ | 総統戦 第2ラウンド後攻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 監督の返事 | トップページ | 総統戦 第2ラウンド後攻 »