« 総統戦 最終第3ラウンド後攻 | トップページ | 2009年のJFL日程が発表。 »

2009年2月25日 (水)

欧州王者に挑むインテルと、エルゴラの中田部長の記事

月曜、火曜と残業が厳しく帰宅が11時になりました。
今日はその合間でたまたま定時退社できたのですが、明日からまた忙しそうです。
 
そんな寝不足、疲れの中、今朝は欧州チャンピオンズリーグを観ました。
インテル対マンチェスターユナイテッドです。Hi3d0350
昨季の欧州王者に我がインテルがどう挑むか、というよりファーガソンにモウリーニョがどう挑むかといった方が適切かもしれません。
おそらく今シーズンここまでで最も強い相手であるユナイテッドです。
正直インテルより強いと思っていました。
試合は非常に緊張感の高い試合となりスコアレスドローながら面白い試合でした。
ユナイテッドの高いスピードとスキルにインテルは思うようにプレスにいけず、また固いディフェンスの前にフィニッシュまでなかなかいけず苦戦しましたが、ハイレベルな相手が逆にインテルの選手達の高い能力を引き出したようにも見え、正直インテルより強いチームの見当たらないセリエAでは感じない興奮がありました。
この試合が終わっても、やはりユナイテッドの方が強そうに見えますが、少なくともこの試合前よりはインテルが勝つ可能性が増した気がします。
 
今日のエルゴラに中田強化育成部長のインタビューが載っていました。
気になったポイントは、選手が食事で不用意に残さなくなったというところでした。
直接サッカーには関係ない部分かもしれませんが、選手達の意識と行動が生活レベルで変わってきているんだなと感じています。
先日の監督に関する記事のときも感じたのですが、徳島ヴォルティスは変わろうとしているですね。
私たちサポーターもそんなチームを試合の応援だけでなく、大なり小なりいろいろ考えてバックアップしてあげるともっとよい結果がでるのではないでしょうか。
 
先日の総統との討論のときの私の考えのベースの一つといってもいいのですが、選手が試合に勝つことにこだわる限り、私も選手の意志に合わせ勝ちにこだわろうと思います。
 
今日は疲れを取るために早く寝るので、いつもより短めに。

|

« 総統戦 最終第3ラウンド後攻 | トップページ | 2009年のJFL日程が発表。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総統戦 最終第3ラウンド後攻 | トップページ | 2009年のJFL日程が発表。 »