« J2チームの存在意義 | トップページ | J2チームの存在意義(続き) »

2009年2月13日 (金)

監督の返事

いよいよキャンプも大詰め。今週末で宮崎での日々を終え、開幕へ向け最後の準備に入っていきます。
今年は非常に順調なキャンプ。
何が違うのだろうと単純に疑問に思い訊いてみることにしました。
監督に。
 
美濃部監督はご自分でオフィシャルサイトも持っているんですが、そこにBBSがあり直接質問や意見を書き込めるようになっています。
これまでも何度なく書き込みし、時には厳しいことも書きました。
で、今季初カキコは「今年のキャンプはけが人が少ない理由は?何が今年は変わったのですか?」
 
お返事来ました。
感激したのは、実に細かく丁寧に、それにかなり充実した文章の量。
こんなしっかりとお返事をいただいたことに私感激してしまいました。
 
肝心の中味は、コピペは失礼なので要点を書かせていただきますと次のようなこと。
 
 ・トレーニングはむしろ去年よりハードです。
 ・昨年からいる選手については以下の4つの話がありました。
   1)シーズンオフの過ごし方や考え方を選手にしました。
   2)昨シーズンはかなり練習量を増やしたので選手の体力があがりました。
   3)怪我をした選手の部位の補強トレーニングをしました。
   4)選手のコンディション意識を改革しました。
 
それから今取り組んでいることの話もありましたが、あまり出しすぎも何なのでここまで。
見たい方は監督のサイトに登録してBBSに入ってください。
 
繰り返しますが、あれほどしっかりした返事をいただけたことに本当に感謝感激です。
今年のヴォルティスはやれる。いや、やらせるよう後押ししっかりしないといけませんね。
やる気が3倍増しになりました。
 
明日はアビスパとの練習試合。
実質的に練習試合の〆になるでしょう。
結果が楽しみです。
あとはけが人がこれから出ないように。

|

« J2チームの存在意義 | トップページ | J2チームの存在意義(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« J2チームの存在意義 | トップページ | J2チームの存在意義(続き) »