« 勝利以上の収穫を得よう。 | トップページ | 不器用でも安定して勝てるチームに。 »

2009年3月27日 (金)

価値ある敗戦となりますように(祈り)

セレッソ戦は勝利以上の収穫が欲しかった。
果たしてそれは得られたのか?
 
セレッソと、今のヴォルティスの違いは攻撃より守備に見えた。
両方とも高い位置でプレスを掛けていたが、セレッソのプレスはヴォルティスがバックパスをしたときを狙って襲い掛かってきた。
それも一人ではなく、他の選手も連動して、パスを受けた選手が次にパスを出す選手やコースを狙って動いていた。
するとヴォルティスのバックは押されるようにラインを後退させられ、余裕をなくして下がった位置から前へ蹴りだすことしかできなくなる。
ロングボールはハーフライン近辺でセレッソに拾われる。
既にラインが下げられている状態だから、ヴォルティスは自陣深くでセレッソの攻撃を迎え撃たざるを得なくなる。
こうして高い位置で奪う形を封じられてしまっていた。
 
一方、ヴォルティスの前線のプレスは単発に近く、プレスを掛けても簡単にボールを回されてかわされていた。
ヴォルティスの選手はボールホルダーを追っかけ回されるばかり。
セレッソのプレスとは質が違いすぎた。
 
それにマークの役割が徹底できず、サイドやボランチの周りにスペースを与えすぎてしまった。
失点した場面では2失点とも、ヴォルティスの選手は何もできない状態に陥っていた。
 
もし、後半も前半同様だったら何の収穫もなくこの試合は終わっていただろう。
しかし、収穫はあった。もしかしたら大きな収穫かもしれないものが。
 
具体的な収穫は3-5-2への変更をチームが機能させられたことだと思う。
3-5-2にするだけでなく、1点取れたこと。その形が非常にいい形での得点だったことで、その収穫の価値は高くなった。
明らかに後半は試合を落ち着いて支配していたし、この1点だけでなく同点に追いつける可能性も見せた。
ただガムシャラに攻め込んで、それでも1点も取れないまま終わっていた昨年までとは違った。
可能性。
昨年までの”彼らはできるはず。そう信じたい。”という悲愴な望みではなく、明日につながる確固たるモノ。それに近いモノ。
岐阜戦を楽しみにさせてくれるモノ。
日曜の試合ではこの日の収穫が、勝利を得るための糧になってくれるのではないか。
3節でセレッソとの試合があったから、今がある。
価値ある敗戦。
今そういうのは早過ぎるが、4月末にはそう思っていられそうな気もしている。

|

« 勝利以上の収穫を得よう。 | トップページ | 不器用でも安定して勝てるチームに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝利以上の収穫を得よう。 | トップページ | 不器用でも安定して勝てるチームに。 »