« 新たなるヴォルティスの初陣 (第1節 対ヴェルディ戦) | トップページ | 神様と私 ~神様とネクタイと私、と島津~ »

2009年3月 8日 (日)

出撃1週間前の日曜

今日は日立台でサテライトリーグを観てきました。
柏レイソル対東京ヴェルディ。
今季柏のトップチームに昇格したルーキー6人を見てみたかったのだ。
12時半ごろにスタジアムに着いてメンバー表を貰う。
すると、柏のスタメンには蔵川、近藤、太田、北嶋ら主力クラスがスタメンに。
Hi3d0355 お目当ての若手では酒井がスタメンで、山崎、竹富、工藤が控え。
正直、ガッカリしたが、桐畑、大島、大津、鎌田もルーキーではないが期待の若手。
後半になれば、ルーキーたちも出てくるからとにかく見ることに。
 
で、相手のヴェルディのスタメンはもっとビックリ。
なんと昨日出場の大黒がスタメンなのだ。ピッチを見ると本当にいる。
他にもレオナルド、菅原、高木など、昨日のスタメンと遜色のないメンバーが揃っている。
これは意外な収穫があるかもしれないと感じた。
Hi3d0357 フォーメーションは昨日とは少し違う3-3-4だったが、そもそもの予想ではそうだった(しかもスタメンFWの2人がいる)。
相手は違うが、ヴェルディを見ることは十分収穫となる状況が幸運にも手に入った。
 
試合は15分くらいまではヴェルディの前線からのプレスが効いてレイソルを押し込んだが、15分過ぎにペースダウンすると一転レイソルのやりたい放題に。
中盤で巧みにパスを回し、ヴェルディMF陣を翻弄。
レオナルドが上がって空いたスペースを、左サイド那須川があがって埋めようとするその裏のスペースを突いて立て続けにチャンスを作るレイソル。
北嶋が2度決定機を逃した後、3度目を決めて先制。
その後、大津の縦へのフェイントを混ぜたドリブルからのシュートで2点目。
そして今や都市伝説化した”ペルーの宝”澤のゴールで3点目と試合を前半で決めてしまった。
その間、ヴェルディはやられ放題。前線も沈黙。
後半も点こそ入らないが同様の展開。終盤、ルーキー組も登場。
菅原は大津に引きずり倒され、武富がドリブルを始めるとファウルでしか止められない。
ノビノビ戦うレイソル若手を見てたら、昨日ももう少し柔らかに戦えたら勝てたなと思った。
 
いやー、いい若手育てたんだなあ、レイソルユース。
ヴォルティスユースもいい若手をたくさんトップに供給したい。
 
家に帰ってから、録画した栃木の試合と、スカパーのJリーグアフターショーを観た。
岡山の観客数すごいね。1万人超だって。
栃木は5500人ほど。グリスタはそれほど入らないから仕方ないけど。
それから、地蔵化してるグリスタのメインとバックの観客も気になった。
鳴門はメガホン叩く人いるのに、グリスタは皆無。
グッズにメガホンは無いからかもしれないけど、反応が薄いんだね。
肝心のサッカーは攻めの形を作れず、得点の匂いがしないまま終わった
我々の忘れたい過去を見てるみたいだった。
 
さて、明日から仕事はしばらく忙しいが、週末は何としても行くつもり。
その週末を気分良く迎えるために仕事を頑張ろうと思う。

|

« 新たなるヴォルティスの初陣 (第1節 対ヴェルディ戦) | トップページ | 神様と私 ~神様とネクタイと私、と島津~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たなるヴォルティスの初陣 (第1節 対ヴェルディ戦) | トップページ | 神様と私 ~神様とネクタイと私、と島津~ »