« 価値ある敗戦となりますように(祈り) | トップページ | 就職の季節に思う。 »

2009年3月29日 (日)

不器用でも安定して勝てるチームに。

セレッソ戦の戦いぶりが糧となったのか?どこまで糧になったのか?
正直わからない試合だったが、この試合勝ったことはすごく大きかったと思う。
連敗せずに勝利で切り抜けたこと。
水戸戦のあとに続き、それができたこと。
もちろん、そう言い切るには早過ぎだろうとは思うが試合内容と結果からして去年まで持てなかった力が身に付いてきている。
 
岐阜は立ち上がりから運動量激しく徳島を圧倒しようとしてきた。
前線で猛犬のようにボールホルダーを追い掛け回す大友は、ある意味片桐以上に脅威だった。
パスミスが多かったことは大友と無関係ではないだろう。
が、サッカーとは怖いもので、たった1本のロングパスが試合を動かしてしまう。
昨年まではああやって負けるチームだった気がするが、今回は逆。
そして、あのGKのファウルが、その後の退場を、そしてやっかいな大友の交代を、そして交代GKのファンブルを呼んだ。
そんな前半だった。
 
後半の戦い方は不器用だったなとは思う。
岐阜は10人であることを感じさせない戦いぶりをしたのに対し、徳島はそうさせてしまった感がある。
その中で、コウタのゴールが出たことは意味が大きかったが、与えた失点は余計な1失点だった。
岐阜は今日の試合で大分お勘定を払ったと思うが、そのかわり徳島は1点以上の価値のあるお土産を渡しただろう。
 
今の段階でここまで求めるのは欲のかき過ぎではあるが、徳島の今のサッカーは正直見ていて面白いサッカーのレベルには達していない。
判断とか連動も含めスピードが岐阜に比べて遅かった。
ここぞというときに加速する場面もあまりなく、岐阜に怖さをさほど与えられていなかった気がする。
それに対し、岐阜の得点の形はかっこよかった。
正直テレビ映えするゴールは岐阜の方だった。
ああいう形でトドメがさせればもっと観ている人にアピールできたと思う。
3000人弱だった今日の観客。
もっと呼び込むにはああいうゴールシーン(もちろん徳島の)を地元のニュース番組で流したいと思う。
限られたスポーツニュースの尺の中で、より美味しい映像を流したいよね。
 
ただ、負けてしまっては意味がないわけで、ゴールも多い方が当然いいわけで、今のとこ欲のかき過ぎは遠からず自分達を自滅させてしまうだろう。
今のヴォルティスは負けも勝ちも全て収穫であり、それを糧にして次の結果に結び付けないといけない状況にある。
次のアウェイの富山戦も大事に戦い勝つことを目標にすべきだろう。
少なくとも第1クールはスペクタクルなサッカーができなくても良しと思っている。それを求める前に不器用でもまず安定して勝てるチームになることを目指すべきだろう。
 
今日のヴェルディ対栃木では、押されまくった末の後半ロスタイムにPKを得て勝利したヴェルディの選手達に対し、試合後ゴール裏サポーターがブーイングし、選手の一部はそれに反論したり、挨拶を飛ばしたりしたようだ。
そして、今日のブーイングを是とする声がいわゆるコアサポーター以外にも多いような感じがある。
あまりにも内容の無い勝利過ぎて...、それもあの相手に...、これじゃ最終的にいい結果なんて...という感情なのだろう。
自分にも経験があるが、こういう方向に考えるのは破綻の序曲である。
まだ、ヴォルティスはそんなふうに考える人はいないが、当面はそんな風に考えずに監督・選手達と一緒に足許を見ながら一つ一つ試合を勝ち取っていけばいいと思う。

|

« 価値ある敗戦となりますように(祈り) | トップページ | 就職の季節に思う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 価値ある敗戦となりますように(祈り) | トップページ | 就職の季節に思う。 »