« 雨ニモマケズ、風ニモマケズ....デモ水戸ニハ... | トップページ | ”自分達のやってきたことを信じろ。結果は必ず付いてくる。” »

2009年3月18日 (水)

水戸戦を振り返って

先週ネットで注文したものが届きました。
レプリカユニです。
ヴォルティスのレプリカを買うなんて10年ぶりくらいのような気がします。
それくらい買ってなかった。
買わなかったのは、買う必要がなかったからで、それはワンアンドオンリーの1着をあの人から貰っていたので、それをずっと着ていたのです。
でも、その1着は今やご隠居の身。
以後は、敬愛するSEKIのシャツを着ていました。
もちろん、これからもずっと着るのですが、今年のヴォルティスへの期待感と、単純にユニのデザインが気に入ったので買うことにしました。
「似たようなの持ってるのに。」とは奥さんの感想。
 
わかってないなあ。
全く同じか、違うの2種類しかないんだよ。レプリカってのはね。
インテルのレプリカなんて必ず青と黒の縦縞。
でも縞の太さ、本数、青と黒のどちらが真ん中で全く違います。
そう、全く違います。
 
で、ナンバーもしっかり入れました。
12?
いえいえ、そんな正直者ではありませんから。
これですよ。 
Hi3d0364  
空いてるんだったら頂いちゃおうと...。
マジで笑いがこみ上げてきて嬉しいんですけど。
よおし、西が丘に着てこうっと。
 
 
話は変わって、先日の水戸戦を振り返って考えてみた。
水戸は予想していたよりずっと強かった。
弱点はあったけど、そこを突くチャンスすら貰えなかった。
それじゃ勝てないのも当たり前だ。
 
それから、水戸は気持ちが入っていた。
第一節で愛媛に逆転負けして、ホーム開幕戦でもまた負けるなんてできなかった。
だから、あの悪コンディションでも走りまくってた。
ヴォルティスは強い気持ちで挑んでくる水戸に、フワッとした感じでまともにぶつかって、そして吹っ飛ばされてしまった。
水戸は開幕戦でのヴォルティスに近い気持ちだったかもしれないね。
ちょっと的外れかもしれないけど、笠松のヴォルティスは開幕のときのヴォルティスに負けたのかもしれないね。
 
でも、水戸に完敗したヴォルティスも、ヴェルディに善戦したヴォルティスも同じヴォルティス。
決して強くないこともわかったが、強さを秘めてることもみんな気付いている。
前回の記事でも書いたけど、この負けを理解して強さを得る。
先週のバガボンドで「弱さを経てない強さはないでしょう?」と本阿弥光悦が語っているのを読んでハッとした。
Jの他のチームにはその道を通ったチームがたくさんいる。
負けを知り、考え、そしてその上に立つことができればヴォルティスは強くなれる。そんな確信を感じた。
選手たちも自分達の弱さも強さも理解して、強くなってほしい。
 
我々サポーターは?
サポーターは色々な失敗や屈辱や批難を受けて、どうすればチームを自分達を強くできるか考えるようになって成長していく。
だけど、それは実際に失敗や屈辱や批難を身体で感じた人間しか強くなれないと思う。
歌や、旗や、横断幕。
いろんな手段はあってもそれはあくまでツール。
それにどれだけの力を持たせることができるか、それは人に係っている。
強くするんだという気持ちと行動があれば、チームを強くできる。
そう思う人がチームを強くできるんだと思うんだけど。

|

« 雨ニモマケズ、風ニモマケズ....デモ水戸ニハ... | トップページ | ”自分達のやってきたことを信じろ。結果は必ず付いてくる。” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨ニモマケズ、風ニモマケズ....デモ水戸ニハ... | トップページ | ”自分達のやってきたことを信じろ。結果は必ず付いてくる。” »