« とにかく明日が楽しみ | トップページ | ヴォルティス・コミュニティを強くするチャンス »

2009年4月17日 (金)

思い出の西が丘からまた始まる。

西が丘に行くには主に2つのルートを使う。
JR赤羽駅まで行ってからバスを使う方法。それと都営三田線の本蓮沼駅から徒歩である。
これまでは赤羽駅ルートを使うことが多かったのだが、今住んでいるところからは都営三田線ルートは乗り換えが1回なので今回はそちらを使った。
本蓮沼駅を出て驚いたのは、西が丘までの風景が以前と変わっていないことだった。
実際は変わっているのだろうが、以前もあった惣菜屋やコンビニなど「まだあるんだ!」と驚いてしまった。
西が丘でやった大塚FCの最後の試合は横河との試合だったと思う。
そのときはダブルヘッダーで、第一試合が愛媛と国士舘大(?)で、2試合目が大塚と横河だった。
いまじゃ考えにくいことだが、同じ四国勢でアウェイということでお互いに応援に人を出した記憶がある。
それ以外にも西が丘では幾度なく思いで深い試合を何度も戦った。
極めつけはJFLオールスターのとき、宮崎ショックボーイズ総統の長男誕生に絡む「お願い、ヴァルディネイ」事件だろう。 
それを話すといつまで経っても試合に辿りつかないので今回はそこまでは話さないが。
 
今回は当然のように一番乗り。
あれだけ煽っておいて、しかも年休を取ってまで挑む試合に一番乗りでないとマズイだろう。
JFL時代は栃木とのアウェイゲームに徳島から人が来ることはほとんどなかった。
過去2人だけである。
が、今回は何人もの猛者が平日のナイトゲームでありながら徳島から来てくれた。
今回は西が丘だが、本番は今季終盤のグリスタになのでそこでも大勢の仲間と戦いたいものだ。
 
やっぱり西が丘はいい。自然とテンションがあがる。
前回の記事でも書いたが、栃木SCとしても、西が丘としても思い出話はてんこ盛りで、簡単には語りつくせない。
すぐに聞かれるまでもなくリミッターが切れたように昔話を語り始めてしまい、案の定喉を潰しかけてしまった。
でも楽しくてしょうがない。ここで書けないのが残念だが、できることなら今の仲間とタイムスリップしてあのころの色んな出来事をもう一度体験してみたいくらいだ。
 
今回陣取る席はJFL時代とは逆。普通はメインスタンドから見てホーム側になる席がアウェイ側席となる。
さすがに大塚FC時代もこちらで応援したことはない。
JFL時代、神戸の震災のあった年に東京ガス対ヴィッセル神戸の試合をこの席で見たがそれ以来だろう。
あのときのヴィッセルは本当に厳しい戦いをしていた時期で、その試合も歯車が狂いっぱなしで、東京ガスに2-0で敗れた。
反対側のゴール裏では神戸のサポーターがたった一人で太鼓を叩き、歌を唄っていた。
彼のすぐ横では、神戸のレプリカを着ていながら、お弁当を食べて試合を眺めているだけの家族連れがいて、応援者の彼にはかなり悲惨な試合だった。
おっと、また横道にそれた。
 
相手の栃木のサポーター側のゴール裏は平日の東京での試合ということで、集まりが遅かったが試合開始直前には結構集まった。
この試合の向こうに何があるのか?新しいストーリーの始まりになるのか?
私にだけ特別な意味のある試合は始まった。
 
前半は栃木が何が何でも先制すると云わんばかりの攻勢を仕掛けてきた。
ヴォルティスは試合の入り方に完全に負けてしまい、失点しないのが不思議なくらいチャンスを作られた。
が、これが栃木の課題なのか、それともヴォルティスがよく守っているのか、おそらく両方だがスコアレスで乗り切った。
想像している以上に難敵である姿を見せ付ける栃木SC。
過去一度だけ負けた試合の失点シーンがフラッシュバックしてきた。
だが、今年のヴォルティスはやられっぱなしでは終わらない。
後半はチャンスが来ると思っていた。
そして後半、その通り局面は反転した。
羽地のオフサイドになったシュートは惜しかった。
それ以外にもチャンスは多かったが、最後まで得点はできず、後半もスコアレスだった。
 
もう少し、相手の読みの裏をつく動きが必要だったかもしれない。
なんか力技で正面から崩していこうとし過ぎたように見えた。
ただし、去年のチームだったら完全に負けていた試合だったと思うし、今は壁と越えようとしている段階なのだと考えポジティブに捉えることにした。
お互いとも勝てなかった試合というよりは、よく守った試合と表現し、守備陣を称えてあげる方がいいだろう。
 
栃木SCは想像していた以上のチームで驚きもあった。
が、これで却って面白い戦いがこれからもできるという悦びも得られた。
変に勝っていたら、私自身が自惚れて、面白みを得られず終わってしまったかもしれない。
そういう意味ではドローでよかったのかもと思う。
それにこれで鳴門での次の対決に興味が増してきた。
以前からも鳴門参戦の第一候補であったが、こりゃ当選確実だね。
新しい戦いがこの日、私の中で始まった。

|

« とにかく明日が楽しみ | トップページ | ヴォルティス・コミュニティを強くするチャンス »

コメント

>宮崎ショックボーイズ総統の長男誕生に絡む「お願い、ヴァルディネイ」事件だろう。

わらうよな~もう10歳ですよ・・・
時の流れにびっくりだわ。 

西が丘には行く気満々だったんだけど、
世を忍ぶ仮の仕事が終わったのが、
20;00でね・・・
頑張って行っても、試合には間に合わなかったし、飲み会らしき物も無いと言うことだからあきらめたよ。
バカボンのコスプレで決めようと思っていたんだが・・・
有名な彼は来ていた?かなり忙しいとは聞いていたけど・・

投稿: 総統 | 2009年4月17日 (金) 04時25分

U字工事のこと?(笑)
栃木側のゴール裏に来てたそうです。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年4月17日 (金) 07時19分

やはり「俺達ザ・たっち派」って横断幕はるべきでしたね

投稿: まるは | 2009年4月17日 (金) 15時56分

「勝っちゃうけど!ごめんね~ごめんね~」
とかがおいしかったんじゃん。

僕が言ってる有名人は、
大杉さんの方だったんだけど・・・

投稿: 総統 | 2009年4月17日 (金) 23時29分

大杉さんのことだったんだ。

U字工事は前日にメンバーのブログをチェックしたんだけど、行くって書いてなかったんだよね。
行くって知ってたらもっと準備したけど。

投稿: AWAN渦帝 | 2009年4月18日 (土) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とにかく明日が楽しみ | トップページ | ヴォルティス・コミュニティを強くするチャンス »