« 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 | トップページ | ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 »

2009年5月20日 (水)

誇るべき戦いぶりのドロー

首位である湘南ベルマーレを迎えてのホームゲーム。
ここまで上位と接戦を続けるも勝ちにまでは至らずにきている。
しかし、内容は向上し続けていることは間違いない。あとは結果だけである。
この試合、試合前のフォーメーションではスンジンを右サイドバックに据えた。
変則で3バックなのかと思ったが、そのまま4バックで始め、そのまま通した。
TV放送中に語られた監督のコメントでは、ミスを恐れないでやってほしいということらしい。
まだまだ続く今シーズンにおいて戦い方の選択肢を広げる上でいいチャレンジだったと思う。
 
湘南については今季開幕前の評価で”ヤバイ”と書いた。
これはいい意味でだったけど、その通りに好調を続けていて、昨年より間違いなく強くなっている。
その湘南との対戦はこの後の甲府、セレッソ戦の意味合いも変えてくる大事な試合だった。
 
で、結果はスコアレスドロー。
ただ、結果だけを取り上げるのは今日の選手達に失礼である。
これで4試合勝ち星なし。それでも結果だけ取り上げるのは選手達に失礼である。
それほどまでに今日は見ごたえのあるいい試合をした。
90分間戦い続け、走り続け、ゴールを目指し続けた。
内容だけだったら今季ここまでのベストといってもいいと思う。
今日の戦いぶりはこれからに間違いなく活かされる戦いぶりだった。
テレビなり、現場なりでこの試合を見て、今日の戦いぶりを評価してあげれないサポーターがいるのだろうか?
 
この試合、特に秀逸だったのは守備とボールへの出足である。
相手がボールを奪ったときの素早いプレス。湘南のカウンターを幾度も潰した。
中盤でのキーとなる選手へのアタック→奪取。アジエルから何度か奪い、湘南の流れを狂わせた。
鋭いスライディングも決まり続けた。ほとんどファールを取られずにカウンターに繋げた。
ボールへの出足もよく、それが湘南の選手のファールを誘った。と同時に湘南の選手のメンタルも乱した。
湘南カード4枚。徳島ゼロ。あれだけ90分激しく動き続けたなかでこの結果である。
徳島の選手の動きが素晴らしかったことが判ろうというものだ。
 
確かに点は取れなかった。
が、チャンスもそう多くなかった。これは徳島の攻撃陣よりも湘南の最終ラインが懸命に守ったことによるもの。
羽地のチャンスが最大の好機だったが、キーパーに防がれた。
逆に湘南はほとんど思い通りにできなかっただろう。
試合後、湘南の選手がピッチ上で円陣を組んでミーティングをしていたが表情が印象的だった。
 
ここ数試合で徳島ヴォルティスはまた一つの壁を越えようとしているように思う。
それが次の甲府戦で成し遂げられるのか、その次のセレッソ戦かはわからないが、確実にそこへ到達しようとしている。
それをさらに確信させてくれる試合だった。
誇るべきドロー。今日はワクワクして楽しかった。
次は甲府。勝とう、壁を乗り越えるために。

|

« 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 | トップページ | ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 | トップページ | ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 »