« ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 | トップページ | コーラのキャンペーンの思い出 »

2009年5月25日 (月)

08-09欧州サッカー終幕へ。

自分は身体に疲れがたまると背中にくる。
甲府戦の翌日の日曜がそれ。よって駒沢のロック祭りは欠席。申し訳ないこってす。
夕方散歩に出たらまだ背中いてえでやんの。
 
さて、久々に欧州サッカーのことを書こうかなと思う。
といっても欧州はもう終局で、ほとんどのリーグで優勝、降格が決まった。
驚いたのはプレミアリーグ。
ニューカッスルが降格とは...。
監督経験のないシアラーに頼る時点で万策尽きてる感あったけど、厳しいもんだね。
 
以前ヴォルティスの応援でも使われ、そもそもは大塚FC時代に俺たち関東隊が作った『サンダーランド』はその通りプレミアリーグのサンダーランドのチームソングなんだけど、この歌のちゃんとしたタイトルをご存知だろうか?
『Sunderland Are Back In The First Division』それがあの歌のタイトルである。
”サンダーランドがファーストディビジョン(1部リーグ)に戻ってきた。”って意味だね。
ニューカッスルもそういう歌作ったら...なんてムリだね。
なんせ、ダービーの相手だからね。
元インテルのマルティンスがいるんで気になってたんだけど降格かあ。
草刈場になっちゃうのかな。
でもオーウェンとか、スミスとか、ビッグネームだけど贅沢言えない移籍が待ってそうだなあ。
 
セリエAも優勝が決まった。インテルの4連覇である。
昨年はスカパーと契約してないパルマでの試合だったんで、P2P使ってパソコンで最終節の優勝決定戦を見た。
並行してスカパーでローマ対カターニャも見てて、森本が炸裂してて凄かったのとか、パルマの降格まで掛かったインテルの試合でこの日戦列復帰したズラタンが途中から出てゴール決めたりして凄い興奮した。
でも、今年は3試合残した状態で、前日に2位のミランがコケて優勝決定。
またシエナが決定戦の相手かい、と思ってたら消化試合になってしまった。
とゆうわけでもないんだけど、今季のセリエAは締まんなかったね。
早々CLでもみんな敗退しちゃうし、ミランとかローマとか序盤戦思いっきり躓いてるし、ユベントスも終盤全く勝てなくなってミランにまで抜かれてるし。
インテルも強かったけど、面白いサッカーではなかった。
だから今季はあんまり試合見なかった。
一番面白い出来だったのが、CLで敗退したマンチェスターUtdとの2ndレグだったもんなあ。
モウリーニョに一年目から期待し過ぎちゃったこともあったけど、クアレスマなんか何の役にも立たなかった。
開幕当初、ネットオークションでクアレスマの安いレプユニが人気あったんだけど、あれ買った人は不幸かもね。
 
それでも、インテルのスクデットは嬉しい。
とりあえずあと3回スクデット獲ってステラを2つ★★にしてほしい。
もちろんミランより先に。
ディエゴ・ミリートが来るのは確定的みたい。今季22ゴール(現在Gランク2位)に23ゴール(現在Gランク1位)のズラタン(残ってくれると思うけど)が組むのは魅力的。
機能してくれることを祈ります。
でも、本当は20代中盤から30代くらいの選手を各ポジションに補充したいんだよね。
 
ミランといえばマルディーニがついに引退する。
ライバルの旗頭なんだけど、尊敬すべき選手。
彼がいなくなるとセリエAも寂しくなるだろうね。
ネットの記事で読んだけど、一部のミランのウルトラスがマルディーニに”あなたは自分をリッチにさせてくれた人達(自分達のこと)への敬意を欠いた”と横断幕を出したらしい。
また、バレージの背番号を書いた横断幕を出して「キャプテンは一人だけ」とか歌ったらしい。
<Yahoo!ニュース(ISM配信)記事より>
ユース年代から24年も自クラブ一筋の選手に向かってやることじゃない。
相変わらず学ぶとこないね。
ミランだけじゃなく、インテルもユーベもこういう連中いると思うけど。
サネッティとか引退するときにもこんなことされるのかね。
 
プレミアやリーガに押されて、すっかりマニア向けリーグになった感のあるセリエA。
それでも私は断然セリエ派なので来年も見ます。カルチョ2002も買います。まだまだインテリスタです。

|

« ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 | トップページ | コーラのキャンペーンの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザッツ・サッカー。康太の悔し泣きから出直し。 | トップページ | コーラのキャンペーンの思い出 »