« 勝利だけでなく、命を感じる三ツ沢の夕方 | トップページ | 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 »

2009年5月 8日 (金)

塩ジイ語りて...ムギ、覚醒せよ!

「我々は決して強くなった、『強い』というわけじゃない、サッカーでよくあるこういう敗戦を、自分の糧として次に生かしていかないといけないと思います。」
(美濃部監督談話、J’sゴールより)
ビデオで試合を見ている限り、前半は特にこれといって攻守に問題は感じなかった。
佐藤も前線で動きは良かった。
が、監督が言っていたように、あの失点、というより、あの失点の仕方(時間帯も含め)が試合を決めてしまったように思う。
 
攻撃の形が課題として話題にはなっているが、佐藤がワイドのスペースへ走ったところにロングボールで繋ぐ形はとてもよかった。
横浜戦のときは青山がセンターバックより低い位置でボールを受けるため、逆に組み立てが低すぎる傾向に見えたが、この試合ではそういうシーンもあまり感じなかった。
結果がこうだから、横浜戦の課題が積み残されているようにも見えるが、同じことを繰り返していたということはなかったと思う。
ただ、フィニッシュに至る場面でもう少しドリブル突破なり、もう一つ相手の守備陣形を揺さぶるチャレンジがあればよかったように思う。
そうすれば、相手守備陣にもっと疲労を与えられたように思うし、もっと決定的なチャンスをたくさん作れたと思う。
キレイなクロスを入れようとし過ぎたように見えた。
単調過ぎたというか、もっとフィニッシュに近いシーンで強引に崩しを仕掛けて圧力を掛けられたらというのは感じた。
 
実は先日の横浜戦後の飲み会でこんなことがあった。
試合後、横浜駅近くの居酒屋にて飲んだのだが、そこへヴォルティスの元選手だった人がゲストで現われた。
塩川岳人さんである。
 
私とは違うテーブルで飲んでいたのだが、私のところではムギ(麦田)の話題になり「なぜ、ムギは中へ切り込んでシュートへいかないのか?」ということを議論し始めた。
しばらく議論していたが、なかなか結論に至らずにいた。
そこで、せっかく身近にいた人がいるのだから、ポジションも近かったわけだし質問してみようと、私はちょうど彼の隣が空いたので移動して話しかけてみた。
「なぜ、ムギは中へ切り込んでシュートにいかないんでしょう。それができればもっと相手の脅威になれるのに。」という問いに彼はこんな話をしてくれた。
以下はその要点である。ムギのネタバレになる話もあるがご容赦願いたい。
・ムギは縦への速さは素晴らしく一対一のスピードでは誰にも負けない。但し、先に相手に縦方向を切られると詰まってしまう。
・左足でボールを蹴ることができない。
・身体が細すぎ。もっと肉を付ける必要がある。チームにいたとき、それはよく話した。
・あとは本人の自覚次第。
なるほどね、と思った。
 
今のヴォルティスっていい選手揃ってるけど、強引な戦車型の選手って誰も印象ないよね。
最近注目している選手はレイソルの大津なのだが、彼のドリブルは非常にパワフルで強引にディフェンスを崩すシーンが多く、相手ディフェンダーがユニを引っ張って止めに行くシーンをよく見る。
彼は昨年よりフィジカルの向上に取り組んできたらしい。
フィジカルさえよければいいわけではないが、ムギがそういうプレイができる選手であれば、今回の負けはもうしょうがないけど、これからああいう残念な負けを減らせるかもしれないと思った。
もちろん今のチームには他にも課題はあるんだが、ポジティブな解決策、向上策の一つとして、ここ数試合試合に出ていないムギを再生(ちょっと大袈裟か)、いや覚醒させられたら...。
ムギがそんなプレイでチームを勝利に導いてくれたら、今チームがなかなか破れないでいる殻を、2、3枚まとめて破るくらいいいインパクトがあると思うんだよね。
ムギ、覚醒せよ。

|

« 勝利だけでなく、命を感じる三ツ沢の夕方 | トップページ | 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 »

コメント

 お久しぶりです。

 今のチームはわからないのですが、昔から徳島のイメージというと「スマート」「きれい」という感じですね。はまると「これでもか!」というくらいきれいな崩し方で点を取るし。

 でも、「点を取るためには手段は問わない」とか「勝つためには多少は泥臭いこともするよ」という選手は、あまり出てこないような感じがしました。

 大昔ですが、東京からレンタルされていた「コタロー(岡本)」のスタイルが、徳島の人たちにえらく新鮮に映ったのは、そういう「泥い」プレーが当たり前の選手がいなかったからだったような気がします。

 今日のエントリーを見る限り、今の徳島は、昔からの「スマート」「きれい」さを持ちつつ、しかもそこそこに「強い」のでしょう。

 しかし、上位と対戦する時や、ちょっとした「非常事態下」になった時、そのスマートなカラーを打ち破れる選手が出てこないと、さらなる「上」の頂に着くには、骨が折れるのかなあ・・・。

 なんてことを感じました。

投稿: ike | 2009年5月 8日 (金) 15時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 勝利だけでなく、命を感じる三ツ沢の夕方 | トップページ | 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 »