« 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 | トップページ | 誇るべき戦いぶりのドロー »

2009年5月17日 (日)

順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。

重要な上位連戦が始まり、まずは仙台と宮城スタジアムでの対戦。
宮城スタジアムには行ったことがないが、スタジアムのある利府には2度ほど行った記憶がある。
対戦は同じ仙台だったが、当時はブランメル仙台というチーム名であった。
 
最初はブランメルがJFLに参戦したシーズン。
大塚FCは確か片岡がデビューしたシーズンだったと記憶している。
場所は宮城サッカー場だったか?同じく宮城の七ヶ浜(ソニー仙台戦でよく行った。)も遠いところだったが、当時の利府は電車がかなり不便だった。
入田ほどの小さなサッカー場にかなりの人数が入っていた。
当時のブランメルは元ドイツ代表でJEF市原で活躍したリトバルスキー、オルデネビッツ(オッツェ)らが在籍、話題性も高いこともあってスタジアムの盛り上がりはかなりのものだった。
当時は高橋範夫もいたはずだ。レギュラーだった記憶もある。
スコアは忘れてしまったが、大塚FCは善戦しながらタレントの差に屈した記憶がある。
試合後、ブランメルの選手(リティら)が観客席のファン、サポーターにバックスタンドからゴール裏まで握手して回る姿がJリーグを目指すことだけでなく、地域浸透も頑張っている姿勢が見えて新鮮だった。
2度目はリティらが既にチームを去っており、J昇格をいまだ成し遂げられていないこと、クラブの財政難がいろいろな形でマイナス効果となっていて、初回の半分にも満たない観客の中で試合をした。
しかし、大塚FCもアマチーム体制に移行したことや、当時のコンサドーレ等に大量にレギュラー選手が移籍したことでかなりチーム力は低下しており、今でも思い出すくらい無残な試合をした記憶がある。
あれから随分月日が流れたものである。
 
昔話はこれくらいにして、肝心の試合の感想を述べる。
試合そのものはペースダウンした後半最後の方以外はヴォルティスのゲームだった。
3バックという布陣で臨んだのは、監督の談話での内容に加え、登尾というセットプレーでの武器を最初から使いたいという意図もあったのだろう。
2失点したが1失点目はソアレスにいいボールが出てスピードに乗らせてしまったためだが、こっちのミスで破られたわけではなかった。やむを得ない要素もある。
2失点目は相手のシュートミス(ミートしなかったアウトのキック)からで、裏を取られたところにボールが通ってしまったことでやられた。
失点シーン以外はリズムを支配していただけに残念だったが、その後札幌戦同様くじけずに追いついて見せたことでチームに力と自信がついていることが再び証明された。
3バックも失点の形からいえば直接原因ではないので問題はなかったと思う。
勝てなかったことは残念だが、明確に仙台と劣っていた差はチャンスをモノにするチームとしての得点の嗅覚の差だけだったと思う。
中盤でのボールの繋ぎは精度、スピードとも高かったし、個の技術では札幌同様、一部の選手以外は徳島の選手の方が上手かったと思う。
青山がフィニッシュに絡む機会が増えているようにも見え、攻撃の厚みも増していると思う。
気になる難点は足許で貰う選手が多く、裏へ抜けたり、オフ・ザ・ボール時にスペースを確保する動きがもっとあって欲しいところ。
それでも順調にチーム力が向上している実感があり、湘南、甲府、セレッソと正直力が上のチームとの対戦が続くが、期待がもてる内容だったと思う。
逆に仙台からすれば、今季のヴォルティスとの試合はライバル(湘南、セレッソ、甲府ら)と3位以内を争う上で鍵になる対戦カードになると感じたのではないかと思う。
 
今週は水曜に湘南、土曜に甲府とキツイ連戦が続く。
甲府は参戦予定だが、なかなか勝てない相手。
今日も含め、間に2試合あるが必ずしも波に乗っている状態ではないので、勢いで飲み込みたいところ。
 
それからこれまでも何度か言っているが、6月の栃木戦参戦がマジで濃厚となった。
関係各位との調整が済んだからで、あとは渡徳手段を確保すればいいだけである。
西が丘では勝てなかったので、きっちりケリつけたいものです。

|

« 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 | トップページ | 誇るべき戦いぶりのドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔 | トップページ | 誇るべき戦いぶりのドロー »