« 塩ジイ語りて...ムギ、覚醒せよ! | トップページ | 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 »

2009年5月12日 (火)

硬い気持ちと、自信に溢れた笑顔

やっとこさ、試合のビデオが観れたので、記事を書いています。
ヴォルティスは今節から昇格を狙うチームとの連戦という第1クール最大のヤマに挑んでいます。
初戦の相手は札幌。
前節、岡山に残念な敗戦をしたあとでどう戦えるかが重要でした。
 
札幌にはクライトンという替えの効かない大黒柱がいます。
正直言ってJ2にいるべき選手ではない彼が札幌にいることで札幌が戦えるチームでいられることは事実です。
この試合はクライトンのフィジカルとテクニックを活かしたプレーに翻弄されました。
見終って結論から先に言うと、クライトンは今後の対戦でもある程度諦めるしかないでしょう。
ただ、自分の力で局面を打開してから周囲を使う傾向が強いので、完璧とはいかないまでもある程度予測して対処することは可能だと思います。
今日はクライトンの力を実感できたうえに負けないで終われたことをポジティブに捉えた方がいいかなと思います。
 
ここ数試合、攻撃の形が課題視されていました。
私も栃木戦からもその課題が気になっていました。
但し、負けた岡山戦でも気付いたのですが、この札幌戦でも攻撃の形は向上していると思っています。
羽地が最後のヘッドを外しましたが、倉貫のワンタッチパスを繋いでの決定機はキレイでしたし、倉貫が包囲網を破ってチャンスメークした場面も複数回ありました。
このように倉貫にいい形(前を向いた形)でボールを持たせてあげられると攻撃の形はできるチームの成熟度には達しているのではないでしょうか?
倉貫がマークされても徳重に繋いで、倉貫の包囲網を甘くさせることもできます。
とゆうか、他の選手が上手く中盤で繋いで、倉貫に高い位置でスペースを与えてあげることができれば効果的な攻撃の形ができます。
それから、登尾というセットプレーのジョーカーを手に出来そうなこともこの試合の収穫だろうと思います。
私が今さら言うことではありませんが、今のヴォルティスは順調に進化していると思います。
この流れをサポーターも大事にしてあげて、今後多少の躓きがあっても励ましてあげることが大事かと考えます。
いままでとちょっと違う意味で、今は我慢の時なのかなと。
 
しかし、上位4チームが順調に勝ち点を加えていくため、早くも昇格圏から決定的に離されてきていることも事実です。
もちろん、昇格を狙う気持ちを持ちながら、正直に言って今の力で断固昇格!と目標にできるレベルかは議論が必要ですが。
我々としては仙台、湘南、甲府、セレッソと続くヤマは欲をかいた結果を求めていかないといけません。
が、非常に厳しい連戦であり、4連戦が終わったあと、我々はモチベーションを大きく減らされるリスクに直面していることも事実です。
この4連戦、大きな成果を得るためにも、万が一そうならずとも気持ちを砕かれないためにも強い気持ちというより硬い気持ちで挑まないといけないでしょう。
そして、その硬い気持ちに札幌戦での選手達は自信を与えてくれる試合をしてくれました。
前半2点先制され、後半1点返してもまた離された苦しい試合でも画面で見ている選手達は時に自信に満ち溢れた笑顔まで見せて戦い、そして追いついてくれました。
この後の4連戦、我々も自信を持った笑顔で強敵を乗り越えようではないですか。

|

« 塩ジイ語りて...ムギ、覚醒せよ! | トップページ | 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩ジイ語りて...ムギ、覚醒せよ! | トップページ | 順調に強くなるヴォルティスを示せた。そして参戦のお知らせ。 »