« 三沢光晴.... | トップページ | 移籍も色々ありまして »

2009年6月15日 (月)

ここら辺でブレイクしてくれる選手希望。

色々なモノが透けて見えた試合だったと思う。
現時点でのと断ってから言うが、限界も可能性も見えたように思う。
こう言うと矛盾しているように聞こえるし、自分でも少し変かなと思うが、そう思えてしまうのだ。
 
なんか栃木戦ととても似てたよね。
前半、相手に試合を支配され、先制を許す。
後半、ハーフタイムに攻撃的な指示が出て、それが反撃の合図になって追いつく。
栃木と違うのは結末(結果)だったけど、栃木戦はオウンゴールだしね。
 
前半は前でボールが収まらないし、ディフェンスもボール保持者へのアタックが弱くて宮澤に簡単に起点になられていた。
ボールを奪うのか、ゴール前で跳ね返すのか、守備の方針がよくわかんなかった。
正直よく1点で済んだよねって感じ。あ、これも栃木戦と同じだ。
逆に言うと、この内容で最悪1失点で済むって守備が強みなのかな。
だけど、見ている側からはスッキリいかないよね。
前半中に徳島ゴール裏が画面に映ったシーンがあったんだけど、みんなしかめっ面、腕組んでて、当然応援止んでる。
前半はシュート1本だったわけで(多分画面に映った時点ではゼロだったはず。)、その時だけだったのかもしれないけどみんなの苦悩が滲んでた。
テレビで観てて、なんか苦笑しちゃったな。色々そのときは思っちゃった。
 
札幌の選手は若くて意欲的だった。
でも、これは札幌に限った感想ではなくて、前週の栃木もそうだし、1クールで負けたときの水戸もそんな感じがした。
逆に徳島はスマートというか、大人っていうか、上手いっていうかそんなサッカー。
どっちがいいっていうんじゃなくて、どっちが好みって感じなんだろうか?
 
徳島の攻撃の特長は倉貫や徳重が体現しているような気がする。
てゆうか、この2人の個に依存している度合いが高すぎじゃない。
今までの試合でも何度も見たシーンで、そういえばと思う人がいると思うんだけど、私はこんなシーンが記憶に多い。
倉貫や徳重がボールを持つ。
すると、相手がタックルに来る、または寄せてくる。
ボールをふわっと浮かせ、自らも軽くジャンプしてタックルを交わす徳重や、くるっと相手のウラを取って一瞬で相手を置き去りにする倉貫。
この瞬間から急激にチャンスの匂いが沸き立ってくる。
フリーでボールを前へ運び出す。そして回りも一斉に動き出す。サイドを追い抜いて駆け上がっていく味方。
なんかこういう絵が脳裏に貼り付いてるんだよね。
逆に言うと他の選手がそういうシーンを作る場面が思い浮かばない。
解説の大森さんも言ってたけど、羽地なんかがもっと頑張ってくれて存在感をもっと高めて欲しいなと思うんだよね。
攻撃は最大の守備ってわけでもないけど、羽地が攻撃で存在感が高まれば、相手が徳島の攻撃をもっと恐れてくれると思うんだよね。
そうすれば、相手の攻撃が慎重になるんじゃないかと。
そうなれば、徳島のベテラン選手達が試合をコントロールしやすくなるんじゃないかと。
今はある意味前半で試合を決めに行くのが、徳島対策の基本になってるように見えるんだよね。
ここ数試合は、それにまともにはまりつづけている様な。
ゴール裏の皆が固まっちゃってたのは、どうしていつも前半はこうなのかなって感じがしたからじゃないかね。
お約束みたいに後半追いついても、前半がああじゃ後半いけるよなんて、その時点じゃ思えなくてもしょうがない部分もありそうな。
 
これから梅雨時、そして暑い夏がやってくる。
ベテランが多ければキツイってような単純なことではなく、若い選手だってキツイだろうと思うんだけど、そろそろ誰かブレイクする選手が何人かでてこないとキツイんじゃないかなあと感じた札幌戦だった。

|

« 三沢光晴.... | トップページ | 移籍も色々ありまして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三沢光晴.... | トップページ | 移籍も色々ありまして »