« ビバ!チレ!キリンカップサッカー チリ対ベルギーにて | トップページ | 鬼門突破!さあ、ここから盛り返そう。 »

2009年6月 3日 (水)

徳島への旅の思い出

さて、今週末はいよいよ徳島でのホーム参戦です。
正直、何回目の徳島かは覚えていません。多分12、3回目かな?よくわかりません。
何せ、サッカーだけでなく仕事でも行っているもんで。
 
初めての徳島上陸は仕事でした。
そのときは強烈な経験をしました。
実はその日、東京近県は記録的な大雪で、夜中4時ごろの段階で平野部で40センチ以上の積雪となっていました。
早朝の飛行機で徳島出張だった私は、電車の不通を見越してまだ夜中の4時ごろ家を出ました。
歩くのにも苦労しながら、雪まみれのうえ、寒さに震えながら駅へ。
しかし、当然のごとく電車(常磐線)は止まっておりました。
その後、どうにか動いた電車は通常の倍近い時間掛かって上野駅へ。
すると今度は上野駅で山手線が止まってる。
上司の自宅に電話を掛け、大雪で飛行機に間に合いそうにないこと、飛行機もあやしいことを伝えた後、とりあえず羽田空港へ行くことに。
やっとの思いで浜松町に着いたら、モノレールは通常通り動いてました。
空港に着いたときは予定の飛行機の時間はとうの昔。
しかし、その飛行機が欠航になっていたことで、代わりの飛行機で徳島に行けることになりました。
やっとの思いで着いた初の徳島でした。
 
サッカーで行くときは飛行機、フェリーなどいろいろ使いました。
サッカーで初めて行ったときは車でした。
まだ明石海峡大橋なんてなくて、淡路島と明石間のフェリーを使ったと記憶しています。
行きは何も問題なかったのですが、帰りが大変でした。GWの真っ最中で明石行きフェリー待ちの車の量がハンパではなく、5時間くらい待たされた記憶があります。
 
泊まる時は、あまりホテルとか使った記憶がありません。
関東隊の常宿は今は無き「遊湯館」でした。
そう、空港の近くにあった健康ランドです。
ゲーセンのソファーが寝床でしたが、エアコンがメチャクチャ効いてて夏でも寒かったこと。
チェックアウトが9時で、直前まで仲間が風呂に入っていて凄い焦ったことが思い出です。
それから一人で徳島に行ったとき、11月末くらいでした。
和歌山からフェリーで徳島に着いたときは夜中の2時くらい。
宿なんか予約してないので、徳島のフェリー乗り場でめちゃくちゃ寒い中、朝までここにいるしかないかなと覚悟したとき思い出したのも「遊湯館」でした。
タクシーに乗り込んで「遊湯館」へ急行。
朝まで寒いの我慢しなきゃと覚悟した30分後には風呂に入っていました。
楽しい思い出です。
 
徳島の奥、東那賀(今の那賀郡那賀町)へも仕事で行きました。
当時携帯電話も通じないし、食事するところも、泊まるとこもない。
で、相生の保養所みたいなところに泊まりました。
ご飯が美味しいし、ビジネスホテルとは明らかに違っていて嬉しかったです。
と思えばなんと東那賀まで行って日帰りなんて出張もありました。
 
さて、今週末はどんな旅になるのやら。

|

« ビバ!チレ!キリンカップサッカー チリ対ベルギーにて | トップページ | 鬼門突破!さあ、ここから盛り返そう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビバ!チレ!キリンカップサッカー チリ対ベルギーにて | トップページ | 鬼門突破!さあ、ここから盛り返そう。 »