« 徳島への旅の思い出 | トップページ | マイブーム人生訓 »

2009年6月 4日 (木)

鬼門突破!さあ、ここから盛り返そう。

鳥栖の選手、監督、そしてサポーターにとっては歯軋りするような展開だったろうと思う。
試合は序盤から鳥栖が支配していた。
いつ失点してもおかしくなかった。
実況のアナウンサーが「ハーフナー・マイク!」と何度叫んだだろう。
あまりにしつこく叫ぶんで、コイツ今日はハーフナーがゴール決めて鳥栖が勝つってストーリー立てて仕事してやがんなと思った。
そうはさせるかい。
 
正直いろんなものに助けられた試合だった。
ポストに3度は助けられたはず。
そしてそのうち2度はハーフナーのドフリーのヘッド。
羽地くんがマーカーみたいでしたが、軽く振り切られてましたね。
でも、こういうとこで決められないから福岡行って、横浜に戻ってきたと思ったらまた鳥栖へなんてこと繰り返してるんだと思う。
ハーフナー、ありがと。勝利は貰ったけど、この試合の主役は君だったと思う。
 
PKの判定は微妙だったね。
スローで見ても、一発レッドではないプレイだと思う。
佐藤はボールを一度も見てないし、そのボールは佐藤の背後に飛んでたし。
イエローでも微妙だと思うけど、こないだのセレッソ戦の貸しを返してもらったみたいなもんじゃない。
ああいう判定が出た後も鳥栖の選手達が冷静だったことには感心した。
それが試合が壊れずに終われた理由だと思うし、そのことで逆にヴォルティスは徳をしたと思う。
 
7試合ぶりの勝利となったけど、ここまでも上位陣からは甲府以外は勝ち点を取ってきたわけで、そこで壊れずに堪えて今日勝利できたことは大きい。
6試合勝ててなかったけど、そこで上乗せできたものがあったから鬼門といえた九州で勝てたんだと思う。
さあ、ここから盛り返そう。
6月は全勝を目指そう。
6月最後の試合の相手は甲府。
悔いの残る戦いぶりをした小瀬での自分達自身にリベンジしよう。

|

« 徳島への旅の思い出 | トップページ | マイブーム人生訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島への旅の思い出 | トップページ | マイブーム人生訓 »